そういうことだったのか…!超高層ビルの最上階に届く「はしご車」が存在しない理由。。。。

知って欲しい事, 衝撃, 話題

救助活動にはなくてはならない存在の「はしご車」

そんなはしご車の大きさですが、

一定の大きさまでしか存在せず、

「超高層ビル」には対応しきれません。

そのため、高層マンションでの救助活動は

どうしても困難になってしまいます。

では、はしご車をもっと高くまで

伸びるようにすればいいのでは?と

思われる方もいらっしゃるかと思いますが、

これには科学的な要因があり非常に難しいのだとか。

そんな

「超高層ビルのてっぺんまで届くはしご車を作れるか?」

と考察したTwitterユーザーの株式会社

石井マーク@ishiimark_signさんの投稿が話題を集めています。

今回そんな素朴な疑問の考察結果をご紹介します。

話題を集めたのはこちら。

・はしごを伸ばした場合

・水圧を上げた場合

・車体を大きくした場合

実際ははしご車を利用するにあたり、こんな問題もあるようです。

なるほど…。

このような要因があり、はしご車は

高層階に対応できないのですね。

ちなみに、はしご車が届く高さは地上31mが限界。

この31mを境に、消防に関わる

「連結送水管」などの設備が備えられるそうです。

恐ろしい火事ですが、このようにはしご車で

対応できない場面では、被害を最小限に

抑える設備が備わっているのですね!

とても勉強になる、

そんなイラスト付きの解説をご紹介しました!

この記事が気にいったら、コメントしてね!!!