人間や他の動物たちの窮地を救ってきた犬たち10選!まさに英雄!!

感動, 衝撃, 話題

今回は、犬たちは人間たちに寄り添い

人間たちを守り、友人を超え、

人間たちの英雄になった犬たちをいくつかご紹介します。

「ぼくは、ぼくの人間の弟が眠っている時に

窒息しかけているのをママに知らせました。」

「生後7か月の子犬のゲオは、道の向こうから

走ってくるトラックから少年を救うために

突き飛ばし救いました。」

「8歳のゴールデン・レトリバーは

目の見えない飼い主を走ってきたバスに

轢かれないようにするため飛び込んだ。

自分は3本の肋骨とひじ、膝の骨折、

頭部への切り傷を負った。飼い主にけがはない。」

「この犬を飼っている家が火事にあった。

飼い主たちは急いで愛犬を逃がした。

しかし犬は逃げずに燃え盛る家の中へ戻っていった。

残されていた子猫を助け出すために。」

「サルートは命の危険も顧みずに

一人の少女を強姦から救った。」

「2才の時に、911で活躍した災害救助犬の

ブルターニュ、15才の記念撮影。」

(なおブルターニュは16才でその英雄犬

としての犬生の幕を閉じたとのこと。)

「ピーチズは安楽死目前のところだった。

しかし現在では病院でセラピードッグとして活躍し、

人々に癒しを運ぶ役目を果たしている。」

「10歳のピットブルのベイビーは、

ある晩自分の家が炎に包まれていることに気付いた。

家族を一人一人懸命に起こし、外へ出すと

ベイビーは家の中に戻った。そこには5匹の犬が

残っていたからだ。その内1匹は目が見えない怯えきった犬だった。

あまりの恐怖で逃げ出せない仲間を脱出させるため、

ベイビーは首筋を掴んで引っ張り出した。家は全焼した。

しかし犬を含めた家族は全員やけどのひとつもなかった。」

「こちらの飼い犬は4歳の子供に見知らぬ

大人が近づいたときに、不審な大人にかみついた。

その見慣れぬ人とは警官のランダル・フレデリック氏だった。

心優しい警官は自分にかみついた犬を撃ったり

暴力はふるわず、子供に危害を与えるつもりでないことを

つたえるために、犬をなでて落ち着かせた。」

「チェコは飼い主夫婦が家庭内暴力でもめて、

夫がナイフを取り出した時、

自分のママを守るべく飛び出した。もめにもめ、

13度も刺されたが現在心も体も回復の一途をたどっている。」

この記事が気にいったら、コメントしてね!!!