日本人ならほとんどの人ができるヤンキー座りの秘密…実は日本人が誇る文化だった。。。。

衝撃, 話題, 雑学

ヤンキー座りとは

皆さんはAsian Squatを知っていますか?

Asian Squat (アジアン・スクワット)とは

いわゆるヤンキー座りのことです。

便所座りとも言います。

もっと下品な言葉だとうんこ座りなどと言いますね。

まっすぐ立ってそのまま腰をおろすだけ。

これは日本に限らず、

アジア諸国で普通に誰でもしていることです。

ヤンキー座りの秘密とは

名前から察した方もいると思いますが・・・

意外なことにアメリカ人のほとんどが

ヤンキー座りをできません。

アメリカ人でちゃんとした

かかとを付けたヤンキー座りができる人は

何と13.5%だそうです。

名前にアジアンと入っているのはそういうことだったんですね。

かかとをつけたまましゃがむというのが難関のようです。

そんなに難しいものなの?と思う方は

ぜひ、チャレンジしてみてください。

足を開いた状態ならできる人もいますが、

足を閉じたらほぼ全滅!何で?と思ってしまうほどできません。

ヤンキー座りは畳の生活や和式のトイレを使い慣れているというのが、

アジア人がヤンキー座りを難なくこなせる理由です。。

日本でも1990年以降に生まれた子どもは

和式トイレの習慣がないためか、

ヤンキー座りができないことが多いそうです。

実は柔軟性がないとできない座り方

私たち日本人からするととても簡単なポーズなのですが、

これは実は筋肉やアキレス腱、

股関節などを使う柔軟性がないとできない座り方なのです。

前かがみになって座るには股関節が柔らかいことが必要。

さらにアキレス腱が柔らかくないと、

屈伸ができないためうまく座れません。

アキレス腱が固いとたとえ一瞬は座れても

バランスが悪くてすぐに後ろに倒れてしまいます。

ヤンキー座りは柔軟性のバロメーターなのですね。

皆さんはかかとを付けて正しくヤンキー座りできますか??

ヤンキー座りは世界中の全ての人間が

当たり前にできるものだと思い込んでた方も

多かったのではないでしょうか?

長座体前屈などで体が硬い人でもヤンキー座りはできますよね。

不思議ですね。

ネットでの反応

・まじかよ、知らんかったっす

・アジアンスクワットって言い方初めて聞いた。

・アジア人にしかできないんだね

・欧米人が日本に来てトイレを使う時

それが和式だったらかわいそうだね・・・