隣りの家の屋上には温室があった… 「何を育ててるんですか?」隣人「熱帯植物ですよ」 ある日、とんでもない光景を目撃してしまう…

びっくり, 衝撃, 話題

隣りの家の屋上には温室があった

雑居ビルの隣人の話。

私が住んでいる街は表通り沿いは商業地区で、

3~4階建のビルが立ち並んでいる。

その裏は住宅地区で平屋や2階屋が並ぶ住宅街。

うちと隣人は表通り沿いの商業地区の住人。

両方とも4階建てのビルに住んでいる。

うちの近所ではビルの屋上を庭代わりにする場合も多い。

うちもバラ園や物干し場を設置している。

隣人も温室を設置して植物を育てていた。

寒冷紗が掛かっており中身はよく見えないが、

隣人に中身を聞いたときは熱帯植物を育てていると話していた。

表通りは搭屋が視界を遮り、裏通りは住宅街が視界を遮り、

屋上庭園は外からよく見えない。

住人的には秘密の花園といった雰囲気だ。

隣人は30代くらいの男性。

お互い詳しくは知らないが、会えば挨拶程度はする間柄だ。

家族らしき人は見たことないので一人暮らしにみえた。

普段のラフな格好から察するに、勤め人風でもない。

やたらと客人が多い人で、夜間に人の出入りが結構あった。

2F以上には事務所や店舗がなさそうだったが、

単に交友関係が広いのだろうと思っていた。

夜になると音楽や笑い声が微かに聞こえていたからね。

ある日、とんでもない光景を目撃してしまう

ある夜、うちで飼っている猫が屋上まで逃げだした。

屋上の戸は普段締まっているが、

この日は甥っ子が遊びに来たとき戸を閉め忘れたらしい。

追いかけて探すと猫は隣人の温室近くまで逃げていた。

すぐに捕まえないとビルから落ちるかもしれない。

焦っていたせいか、手すりを越えて隣の屋上に侵入してしまった。

隣同士で顔見知りだし、隣人に見つかっても

事情を説明すればいいだろうという甘えはあった。

ハーネスを持っているし、猫もいるので

信じてもらえるとも思った。

猫を保護して何気なく温室をみる。

隣人宅の屋上からは中がはっきり見えた。

奇妙なことに植えられている植物はどれも同じにみえた。

ありふれた草で盆栽や多肉植物みたいに面白い形ではない。

見栄えのする花や美味しそうな野菜も付いていなかった。

なんだろこれ?家庭菜園?ハーブかな?

視線を搭屋のほうに向けてみた。

搭屋の窓にはカーテンが掛けられていたが、

物凄い明るさの光が漏れていた。

覗きはいけないと分かりつつ、

好奇心に勝てず隙間から中を覗いて見た。

なんと搭屋の中は実験室みたいになっていたのだ。

壁際には机があり、試験管やら

蒸留装置みたいなものが並んでいた。

水耕栽培で温室の草の苗を育てているスペースもあった。

そこはアクアリウムで使うような

「メタハラ」で照らされていた。

10基近くはあったろうか?

趣味の園芸というか植物工場みたいな感じだ。

なんだ?隣人は何をやっているのだ?

なにか生物マニアなのか?

私の頭にはたくさんの疑問符が浮かんだ。

帰宅後、どうしても気になった私は

農大出身の友人に隣で見た物についてメールで相談した。

するとまさかとは思うけどという言葉つきで、

何枚かの写真が送られてきた。

植物、栽培装置・・・どれも隣家で見た物と同じだった。

写真と全く同じだと、友人に報告した。

しばらくたって友人から連絡が来た。

「それ大麻だ。警察に通報したほうが良いぞ」

後日、まさか隣人がそんなことと

思いつつも地元の警察署に連絡した。

すぐにパトカーが何台か来て警官が家の中を調べに行った。

何時間かやり取りがあったようだが、

隣人は警官に連行された。

やはり大麻を密かに栽培していたようだ。

私は目撃者ということで事情聴取を受けた。

警察によると隣人は大麻を密かに栽培・加工していたという。

そればかりか自宅の一角で会員制の大麻バーをやっていたそうだ。

そこでは大麻の即売会や交換会も行われていた。

夜間の人の出入りが多かった真相が、意外な形で分かった。

その後、隣人に会うことはなかった。

隣のビルオーナーは元隣人の親戚とかいう一家に変わった。

彼らが来て温室は撤去され、普通の花壇がそこにある。

その後は特に変わったことは起きていないが。

隣人がまさかそんな人だったとは、夢にも思わなかったよ。

よほど低空で撮影しないと、家庭菜園と区別が付かないと思う。

ベランダとかバルコニーだと斜め上からじゃないと見えないし。

ドローンみたいのでパトロールしてるのか?

ベランダで栽培って話は昔近所でもあったけど、

隣人の通報でばれたと聞いてる。

この記事が気にいったら、コメントしてね!!!