世界遺産のために猫を殺すのか… 奄美大島「猫3000匹殺処分計画」が波紋呼ぶ。

びっくり, 衝撃, 話題

世界遺産のために猫を殺すのか

奄美大島「猫3000匹殺処分計画」の波紋!

記事によると…

環境省が奄美大島で進める

「3000匹の猫殺処分計画」が大きな波紋を呼んでいる。

環境省は2018年7月、奄美大島で野生化した猫

(=ノネコ)を捕獲する

「奄美大島における生態系保全のためのノネコ管理計画

(以下、ノネコ管理計画)」(2018年度~2027年度)

をスタートさせた。

奄美大島の山林に生け捕り用のわなを設置し、

捕獲したノネコを収容センターで飼育する。

飼育期間は、捕獲から1週間が目安で、その間に飼い主を募る。

〈譲渡できなかった個体は、できる限り苦痛を

与えない方法を用いて安楽死させることとする〉

(ノネコ管理計画)

捕獲目標は年間300匹で、それを10年間続けるという。

世界自然遺産を勝ち取るためにノネコを排除

また、このあいまいな定義による捕獲・殺処分計画を

許容していくと、今後は希少種を守るためならば、

どんな動物でも「有害鳥獣駆除」を適用し、

捕獲して殺処分することが可能になるだろう。

A氏も、猫以外への“応用”を匂わせる発言をしている。

twitterの反応

この記事が気にいったら、コメントしてね!!!

びっくり, 衝撃, 話題