吉本興業・大﨑会長 『ギャラが安い?最初は250円でもいい。吉本のやり方を変えるつもりはありません』

衝撃, 話題

闇営業、契約書なし、安いギャラ、宮迫の今後…

吉本・大﨑会長が答えた60分

振り込め詐欺グループの宴会に参加して

金を受け取ったとして、「雨上がり決死隊」の

宮迫博之さんや「ロンドンブーツ1号2号」の

田村亮さんらが謹慎処分を受けた「闇営業」をめぐる問題。

吉本興業ホールディングスの大﨑洋会長が、

Business Insider Japanの取材に応じた。

吉本興業としての反社会的勢力(反社)対策、

今後の対応、芸人のギャラ問題など、一連の問題で

浮上した、大手芸能事務所が抱える“歪み”について、自らの考えを語った。

最初はギャラ250円でもいい

BI:闇営業の背景には、芸人たちの報酬が

安いことがあるのではと指摘されています。

大﨑:ギャラが安いことと、犯罪を起こすことはなんの関係もない。

お金持ちは、犯罪を犯さないのかというとそんなことはない。

吉本としては基本、ギャラはちゃんと払っているつもりです。

「最初のギャラが250円だった」と芸人がテレビで発言してますよね。

イベントをすれば場所代、賃料のほか大道具さん、

衣装さんの経費も必要。黒字が出るときも、赤字のときもある。

赤字だったとしても、プロとして吉本の舞台に立ったのだから、

ギャラは払ってあげないといけない。

10組の漫才師が出て、上の3組の名前で800人が

いっぱいになったとする。若い子の名前でイベントに来た客は

いなくても、プロとして舞台に立ったんだから、

1円でも払ってあげようという意味での250円。

250円もらえてよかったなと、ぼくは思う。

「吉本のやり方を変えるつもりはありません」

その状況がきちんと理解できていなかったり、

テレビで話を振られた時に笑いを取ろうとして、

「250円」と言ってしまったのかもしれません。

交通費が500円かかって、250円では赤字だったとしても、

800人の前で自分たちの漫才を3分できれば、

たとえ1回も笑いが取れなくても今後の芸の役には立つでしょう。

芸は、人生をかけて何十年も積み重ねて完成するもの。

修行時代に、先輩のおかげで舞台に立つ経験をしてもらう。

ギャラの額の問題ではないと思ってます。

歌手でもカメラマンでもライターでも、

売れないころ若いころは食べられません。

だから芸人は居酒屋でバイトをし、いつの日か芸を磨いて

スターになって、世の中の人を感動させたい、

喜んでもらいたいと下積みをする。

吉本の芸人としてデビューしたんだから、だれも笑ってくれなくても、

月に30万円払ってやるからがんばれよ、というやり方は、

本当の芸人を育てるやり方とは思えない。

吉本のいまのやり方を、変えるつもりはありません。

BI:芸人と契約書は交わしていないのですか。

大﨑:芸人、アーティスト、タレントとの契約は専属実演家契約

それを吉本の場合は口頭でやっている。

民法上も、口頭で成立します。

タレントが出版社から本を出す、映画に出るというときは、

これは別途、吉本興業と出版社や映画会社が契約書を交わしています。

芸人が「契約書ないねん」と言っているのは、

書面で交わしていないということだと思う。

その子が理解不足なのか、笑いをとろうとして

言ったのかはわからない。

ただ、いまの形がぼくは吉本らしいし、いいと思ってます。

この記事が気にいったら、コメントしてね!!!