若手芸人から「娘の治療費に300万必要なんです」と泣き疲れ1000万円渡した志村けんさん。後にこれが嘘だと分かるも志村さんが言った言葉はなんと・・・。

素敵, 衝撃, 話題

ある番組で紹介された志村けんさんの神対応エピソード。

器の大きさに頭が上がりません。

売れない若手芸人が志村のもとを訪れ、

「娘が病気で治療費が300万円必要なんです」

と泣きついたそうだ。

すると後日、志村は1000万円を差し出し、

「出世払いで返してくれればいいから持っていけ」

と言ってのけたという。

しかし、これに疑いを持った松村邦洋が

この若手芸人を問い詰めたところ、

娘の病気は虚偽だと判明した。

松村がこの事実を伝えると、志村は怒るどころか、

「なんだ、娘さん無事なの? よかったなぁ、ホッとした…」

と安堵した。そして、

「貸した金? どうでもいいよ。金は天下の回りものだ」

と不問に付したということだ。

twitterの反応

お人柄が素晴らしすぎますね。

だからこんなにもたくさんの人に愛されているんだなと思いました。

志村さんのような心の持った人間になりたいものです。

この記事が気にいったら、コメントしてね!!!