アンパンマン「友達になれたらいいね」バイキンマン「お断りだ」→断った理由が切なすぎる…

感動, 素敵, 衝撃, 話題

日本人なら誰もが知っているであろう「アンパンマン」

その中に悪者役として登場するのが「バイキンマン」

この2人の会話に深く考えさせられると話題になっています。

お断りだ

これは、カヂロ(@kadikadisake)さんが

ツイッターに投稿したものでした。

夕日が輝く海を見ながら、アンパンマンとバイキンマンが

肩を並べて話しています。

アンパンマンがこう言いました。

キミとも友達になれたらいいのにね

すると、バイキンマンはそれ突っぱねます。

お前とトモダチなんかお断りだ

バイキンマンには、なにか思うところがあるようです。

オレサマ大勢の中の1人になんかなりたくないのだ

“みんなを大好き”ってことは”誰も好きじゃない”ってのと一緒なのだ

バイキンマンはそう語りました。とても考えさせられる内容ですね。

確かに、みんな大好きということは特別な人がいないという見方もできます。

もちろん、アンパンマンとしてはみんな大好きなのでしょうけど…。

なんだか少し切なくなってしまいますね。

アンパンマンの感動回

アンパンマンがテレビで放送される時には、

大体バイキンマンが倒されて…という流れになりますが、

1回だけ声優さんさえも感動させた回がありましたのでご紹介します。

アニメ1375話「アンパンマンとどろんこ魔王」。

ファンの間では、最終回かと思うほどの衝撃を与えた回です。

普通は30分の放送枠で2話分放送するアンパンマン。

ですが、この回では30分まるまる1話で放送されました。

アンパンマンの声を当てている戸田恵子さんも、

この回については「胸にこみ上げてくるものがありました」

とコメントをしています。

この回が泣ける話と言われる理由の一つに、

2013年に亡くなられたアンパンマンの作者・やなせたかしさんを

モチーフにしたキャラクターが登場することが挙げられます。

そのキャラクター・やなせうさぎとアンパンマンとの会話が涙を誘います。

劇中最強の敵・どろんこ魔王登場

「アンパンマンとどろんこ魔王」のストーリーは、

アンパンマンが悪を倒して平和を取り戻すというもの。

ものすごくシンプルな話です。

ですが、劇中最強の敵が登場したり、バイキンマンと

共闘したり、盛り上げ方がいつもアンパンマンとは異なります。

アンパンマン映画第1作目に登場したどろんこ魔王。

劇中最強と言われる敵です。アンパンチでは歯が立たず、

しょくぱんまん、カレーパンマンと力を合わせた

トリプルパンチでも倒すことができません。

アンパンマンのピンチにバイキンマンが

「アンパンマンは!俺様が倒すんだ!」と叫びながら登場。

ついには、ジャムおじさんの操縦するアンパンマン号の

力まで借りて、ようやくどろんこ魔王を退治することが出来ます。

まさに総力戦。そして、最強の敵を倒した後に

感動回・泣ける話と言われるシーンが描かれます。

それが、アンパンマンとやなせうさぎの会話シーン。

アンパンマンとやなせうさぎの会話

「どんなに離れていても必ず助けに来ます」

どろんこ魔王を倒した後、場面は綺麗な湖の場所に移ります。

そこで、お腹を空かせて動けないというやなせうさぎ。

空から駆け付けたアンパンマンは、自分の顔をちぎってわたします。

アンパンマンの顔を食べたやなせうさぎは元気いっぱいに。

アンパンマンはうれしそうな顔をしてその場を去ろうとします。

「うふふ。よかった。困ったときはいつでも呼んでくださいね。

どんなに離れていても必ず助けに来ます」

やなせうさぎは、アンパンマンにお礼を言って、二人は別れます。

亡くなったやなせたかしさんのことを想ってこのシーンを見ると、

戸田恵子さんの言うとおり胸に込み上げるものがあります。

この記事が気にいったら、コメントしてね!!!