ビートたけしさん『だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ』吉本興業を痛烈批判!

衝撃, 話題

ビートたけし、吉本興業を痛烈批判「だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ」

記事によると…

ビートたけし(72)が20日、

『新・情報7days ニュースキャスター』に生出演。

同日、反社会的勢力との闇営業問題をめぐり

雨上がり決死隊・宮迫博之(49)とロンドンブーツ1号2号

田村亮の謝罪会見が行われたことを受けて

「猿回しと同じで、芸人は猿と一緒。猿が人を噛んだからといって、

猿に謝らせてもダメ。飼ってる奴が謝らないと」と持論を展開した。

続けて「こういう姿を見せた芸人を見て、

誰が見て笑うんだってなる。

だからこれをやってくれるなと思うわけ。

芸事は、そういうことを全部忘れて明るく笑わせることが芸。

それをやらせてしまう事務所がおかしいって」と痛烈に批判。

闇営業についても「もっと言わなきゃいけないのは、

闇(営業)って言ってるけど、それをやらなきゃ

食えないような事務所の契約がなんだ。

家族がいて食えないようにしたのは誰なんだと。だったら雇うなよ。

最低保証くらいしろよということですよ」と話した。

▼動画を見る

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・その通り!都合のいい時は利用して、

都合が悪くなると切り捨てる。芸人の前に会社が変わるべき!

こんな会社と現政権が近いのが何となく理解出来る…

週刊誌も強い者に向かえよ!

・若手はステージ一回500円しかもらえないとかね。

・さすがですな(゚д゚)!

・テレビを見ていましたが、正論ですね😳

・納得。大企業だし守るものが多いのは分かるし、

記者会見の内容が全て真実かも分からないけれど

・正論だよね

・泣き面見せられても面白ければ笑うよ。考え過ぎなんだよね

この記事が気にいったら、コメントしてね!!!