子供に夜の営みを見られた時の対処法…意外と見られている人が多いと話題に…

知って欲しい事, 衝撃, 話題

子供に夜の営みを見られたことがある夫婦は約1割

幼い子供がいる夫婦にとって

意外と悩ましいのが夜の夫婦生活。

家の中で無防備に行為に及んで我が子に

目撃されてしまうのは避けたいところですね。

では世の夫婦は子供に見つからないよう

何かしら対策をしているのでしょうか?

子供がいる既婚女性459名に夜の夫婦生活にまつわる

調査をしたところ8.6%の夫婦が

子供に目撃された経験があるそうです。

かなり気まずい状況だったと推察されますが

そのピンチをどう乗り越えたのでしょうか?

目撃された経験があると答えた人に

「その場をどうやって切り抜けましたか?」

と聞くと

1位「そのまま何事もなかったかのようにやる過ごした」(67.6%)

2位「笑ってごまかした」(16.2%)

3位「パパの具合が悪そうだから看病してたのよと誤魔化した」(5.4%)

実際には不意を突かれて何もできないという

ケースも多いのかもしれません。

次に

「夫と行為に及ぶ際、子供に配慮して

実践していることはありますか?」

と聞いてみると

1位「深夜など子供が背静まるまで待つ(67.2%)」

2位「とにかく静かに行う(17.4%)」

3位「特に配慮はせずオープンに」している(2.8%)」

4位「自宅ではなくホテルなどに行く(1.8%)」

5位「日中、子供を外に遊びに行かせている間に行う(1.8%)」

ちなみにその他の回答の中には

「そもそも夜の営み自体をしなくなった」

という意見も数多く含まれていました。

実際、

「第一子が誕生してから夜の夫婦生活の

頻度に変化はありましたか?」

という問いには43.7%が

「回数がかなり減った」

と回答。

「回数が少し減った」(19.9%)

「全くしなくなった」(25.0%)

を合わせると実に約9割が減った、

無くなったと回答しています。

中には

「旦那には触れたいとも

触れられたいとも思わない」

などという

辛辣な声も聞かれました。

ただ、こうしたデータはさておき、

二人目の妊娠を意識している夫婦にとっては

やはり子供の視線はきになるところでしょう。・

今は理解できていなくても成長するにつれて当時の状況を思い出し、

傷つくことも十分に考えられます。

行為に及ぶ際には細心の注意を払いたいところですね。

もし見られてしまったら・・・

小学校低学年以下に夜の営みを目撃された場合では

どのような対処が考えられるでしょうか?

この年齢ではまだ夜の営みについて

よく知らないと考えてもいいでしょう。

ただし、パパやママが裸で重なりあっている、

または喘いだりしていることに驚きや違和感、

もしかすると恐怖を感じるようなこともあるかもしれません。

まずはできるだけ早く服を着るなど自分たちの体制を整えましょう。

そして、子供を寝室から追い返すのではなく

むしろ積極手にベッドに招き入れたり、

近くに呼び寄せて子供の不安を取り除いてあげましょう。

そして、裸でいたことに対して疑問をぶつけてきたら

回答を避けたり誤魔化したりせず、きちんと答えてあげましょう。

例えば

「肌と肌が触れると気持ちいいからくっついていたんだよ」

「パパのことが大好きだからぎゅーって抱っこしてたのよ」

など2人の愛情表現で

あることを伝えることがオススメです。

夫婦の交わりの様子を

「パパがママをいじめているのかと思った」

「ママが泣いているのかと思った」

と表現する子供もいるくらい

いつもと違う両親の様子は子供心にも

なんだかただならぬ雰囲気を感じるようです。

だからこそ

「パパとママは仲良しなんだよ」

というメッセージを最初にしっかりと伝えましょう。

あるいは

「暑いから裸で寝てたんだよ」

「眠かったから早く寝ようと思って服を着るのを忘れてた」

のように冗談めかして笑い話にして

しまうのも状況によっては有効かもしれません。

もちろん、この程度の説明では納得しない

お子さんもいるかもしれませんが

この年齢の子供たちに詳しい説明をするわけにもいかないので

うまく話を切り上げて違う話題に持っていきましょう。

小学校高学年以上に見られてしまった場合

子供がこの年齢の場合、男女の間には性的な

行為というものがあることを十分に知っている可能性があります。

もちろん、その子の普段触れている情報、

周囲の友人関係などにより、その辺の情報に

詳しい場合と疎い場合があります。

しかし、少なくとも赤ちゃんはコウノトリが

運んでくる訳ではないことを理解しています。

とはいえ、自分の両親がそのような生々しい行為を

することは思っていない場合が多く、

とにかく驚いてしまうでしょう。

また、そのような両親にやや嫌悪感を抱くことが想像できます。

したがって子供の混乱、見られた自分たちの動揺が収まるまで

ちょっと待って少し時間を置くのも効果があります。

そして、別のタイミングでこれをきっかけに

親子で性に関して考える、家庭内での性教育の機会を

持つことがオススメです。

わざとらしい言い訳をするよりも

男女の性についての正しい知識を与えることで

子供が見たものを時運で理解できる状況を作ることができます。

と言ってもなかなか自分たちの口で

性について説明するのは難しいもの。

10代向けに性についてわかりやすく教えてくれる

本などもありますのでそういったものも

うまく活用しましょう。

特にお子さんが中学生以上の場合は

性行為がだんだん身近なものとして迫ってくる世代ですし、

正しい性教育は子供たちを様々なリスクから

守ることにも繋がります。

家庭の中でも性に関して話し合ったり、

正直に相談できるような雰囲気を作れれば

とても望ましい環境ですね。

否定したり、恥ずかしいことであるような

雰囲気を作らないことです。

また、どんなに言葉で語るより、

夫婦の愛情表現を普段から

子供たちに見せることも大切です。

パパとママが仲良しであることは何よりも子供を安心させます。

普段から両親が自然に手を繋いだり、

ハグしたり、キスしたりといった

スキンシップを自然に行うことで子供たちも

そのうち夜の営みが夫婦愛の形だと

納得してくれるに違いありません。

この記事が気にいったら、コメントしてね!!!