球児のために作った「大盛りカツ丼」50年以上続いた名物に、店主の苦渋の決断で廃止。

衝撃, 話題

球児のために作った「大盛りカツ丼」 甲子園の老舗食堂がやめた悲しい理由

記事によると…

・「カツ丼大やめます」ー。

連日熱戦が繰り広げられている兵庫県西宮市の

甲子園球場近くにある、超デカ盛りカツ丼で有名な老舗

「大力食堂」に、今年、そんな貼り紙が掲げられた。

「お腹を空かせた高校球児のために」と1966(昭和41)年の

創業以来続けてきた「名物」に何があったのか。

高校野球ファンで賑わうお店を訪ねた。

店主の藤坂悦夫さん(81)。21歳で独立し、

この地で店を開いたとき、

「小遣いで食べに来る高校球児も気軽に来られて、満腹になれるように」と

「カツ丼大」を作った。

ご飯の量はなんと2.8合。茶碗一杯が約0.4合というから、

ざっと7杯分。たっぷりの出汁で玉ねぎを煮込み、

カツを入れて出汁を吸わせたら、特大卵を溶いてとじ、かける。

テーブルに届いた時点で既にどんぶりからあふれているので、

崩れないよう注意しながら、スプーンでお椀に移しながら食べた。

この味とボリュームで700円

(途中からは原材料費の値上がりで800円に)という脅威の安さ。

だが、雲行きが変わってきたのは数年前から。「大」を頼んでは、

半分以上残して帰る客が相次ぐようになった。

「スマホいうんかな。あれで写真を撮るだけ撮ってな。

残った分はほかすしかないけど、お米もお金ももったいないやろ…。

それ見とったらおっちゃん、何かもう、情けのうなってな…」

と肩を落とす。

「もしお残しが減るなら、復活もあり得るんですか?」と尋ねると、

「ない」と一言言って、悲しげに笑った。

twitterの反応

残すなら食べないで下さいって常識なのに、

お金払ってるからいいでしょって、

そういうことじゃないだろと。苦渋の決断ですね。

この記事が気にいったら、コメントしてね!!!