「誰か、ぼくのこと、いりませんか?」 メッセージを持って写った写真によって人生が変わったピットブルのお話。。。。

衝撃, 話題

アメリカ・ニューヨーク州の動物保護団体

「The North Fork Animal Welfare League」には、

5年もの間、誰にも引き取られずに施設で過ごした

ピットブル犬がいました。その名前は「チェスター」といいます。

「ピットブル」という犬種

「ピットブル」は、闘犬として扱われている事実や

過去に起こしてしまった数々の事件、

そしてそのいかつい見た目から

「世界一凶暴な犬種」と言われることがあります。

しかし当然、正しい躾と愛情をもって接すれば、

優しく頼れるパートナーになりうるのですが、

どうも敬遠されがちな犬種です。
 
ここでご紹介するピットブルの「チェスター」も、

保護団体のスタッフからは愛され、

かわいがられる性格であるにも拘らず、

5年もの間、家族ができません。

しかしスタッフのアイディアで彼の人生が大きく変わったのです。

写真とメッセージをSNSに投稿

そのアイディアとは、チェスターの写真を

メッセージとともにFacebookに投稿する、

というものでした。実際の投稿がこちらです。

誰か、ぼくのこと、いりませんか?
ぼくは5年間待っています。
みんな、ぼくのことをいい子だねって言ってくれるんです。
でも、誰も僕を迎えに来てくれないのはなんで?
ぼくは、いい子でいることと新しい家族を愛するってことを約束します。
ぼくの家族になって下さい。
ぼくは、あなたが来るのを座ってずっと待っています。

チェスターの、この伏し目がちで寂しそうな表情と

このメッセージに多くの人が感動しました。

この写真はFacebook内で瞬く間に拡散され、

保護団体にはチェスターを引き取りたいとの

申し出の電話が殺到しました。

新しい家族が見つかる!

アメリカ・ニューヨークに在住のダナさんも、

Facebookの写真からチェスターの存在を

知ったひとりでした。

友人からシェアされたチェスターの姿を見て

心を奪われたダナさんは、旦那さんと息子さん達に相談、

賛同を得ると家族みんなでシェルターに向かいました。

出典:www.facebook.com

そして心を奪われたのはチェスターの方も同じでした。

自分を愛してくれる人達なのだと分かったのでしょう。

彼はダナさん家族に出会うとすぐに心を開いて仲良くなりました。

すぐに家族に馴染むチェスター

新しい家族となったダナさん一家。

チェスターはすぐに馴染んでいきます。

出典:www.facebook.com

出典:www.facebook.com

出典:www.facebook.com

家族はチェスターを愛し、そしてチェスターも

家族を愛している様子が伝わってきます。

全ての犬や猫がチェスターのように新しい家族に受け入れられ、

幸福に暮らすことができればそれが一番理想的です。

しかしアメリカの殺処分件数はやはり非常に多いです。

そして動物に対する考え方が遅れていると言われている

日本も同じく多くの犬や猫の殺処分を行っています。

チェスターのように救われる犬が増えていくことを切に願います。
 
ペットショップに行く前に、里親募集サイトを

ご覧になることをお勧めします。

保健所にも新しい家族を待つ愛らしい犬や猫がたくさんいるのです。

出典:youtube.com

この記事が気にいったら、コメントしてね!!!