悪質なブリーダーから108匹の犬を救い出したレスキュー団体! 信じられない言葉が飛び交うオークション会場で決行された作戦とは…?

切ない, 悲しみ, 衝撃, 話題

およそ2年前、アメリカ・ミズーリ州のとある場所で

「キャバリア・レスキュー・オペレーション」と

呼ばれる、犬の大規模な救出劇が繰り広げられました。

悪質なブリーダーに飼われてきた108匹の犬

問題となったその場所には、

悪質なブリーダーによって

繁殖が繰り返され、劣悪な環境で

飼育されてきた108匹の犬がいました。

出典:www.boredpanda.com

そのほとんどは

「キャバリア・キングチャールズ・スパニエル」という犬種です。

この犬は全て、「パピーミル」と呼ばれる

悪徳ブリーダーに販売するために飼育されていました。

出典:www.boredpanda.com

劣悪な環境で育てられたこれらの犬たち。

そのほとんどは感染症によって目や耳が不自由な

状態になっていました。

ブリーダーは彼らに栄養のある食事を与えることもなく、

たとえ病気を患ってもそのまま放置していたのです。

出典:www.boredpanda.com

そんな悲惨な状況に置かれた犬を救うため、

地元のレスキュー団体が行動を起こしたのでした。

世界中から募金を募る

レスキュー団体は、世界中から募金を募り、

108匹の犬を全て買い取るという計画を立てました。

すると、そんな彼らを支援したいという人が次々と現れ、

最終的には数千万円に及ぶ資金が集まったのです。
 
そして後日、レスキュー団体のスタッフたちは

ブリーダーが主催するオークション会場に乗り込みました。

出典:www.boredpanda.com

「この犬はもう妊娠している!」

「この犬はお金になる!」
 
犬を命としてではなく、商品として扱うような、

そんな信じられない声が聞こえる中、

オークションが始まると、レスキュー団体の

スタッフたちは常に他の参加者よりも高い金額を提示しまし

た。そして結果的に彼らはなんとか

108匹全てを買い取ることに成功したのです。

新しい里親を探す

レスキュー団体によって買い取り、

救出・保護された犬たちは、その後必要な治療を受け、

健康状態に異常がないことがわかると

レスキュー団体の施設へと移されました。

出典:www.boredpanda.com

出典:www.boredpanda.com

スタッフたちが里親探しに奔走した結果、

多くの犬たちは素敵な新しい家族を見つけることができました。

もちろん里親の見つかっていない犬たちもいますが、

以前の劣悪な環境とは比べものにならない環境で、

のびのびと暮らしながら里親を待っているそうです。

出典:www.boredpanda.com