猛暑の高校野球について、開星高校野球部元監督「鍛えてたら死にませんよ」「暑さに耐えるのも教育」高木美保ら猛反論!

びっくり, 衝撃, 話題

開星元監督の野々村氏、猛暑の高校野球は「耐えるのも教育」で高木美保ら猛反論

記事によると・・・

開星高校野球部元監督の野々村直通氏が22日、

テレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」に生出演し、

猛暑の中の高校野球について「暑さに耐えるのも教育」と

持論を訴え、コメンテーターの玉川徹氏、高木美保を困惑させた。

玉川氏がグラウンドの気温のあまりの高さに

「よく今まで死ななかったなと。熱中症で」とコメントすると、

野々村氏は「鍛えてたら死にませんよ」とあっさり。

野々村氏は、現在の気候が以前とは違うことは認識しており

「確かに昔と全然違う。だから給水時間や、

日程を考えるのは絶対やるべき」と訴えたが、パネルで、

野々村氏の主張として「暑い中、耐えて頑張っている

高校球児を見たがっている。そこに感動する。暑さに耐えるのも教育」

という言葉が紹介されると、コメンテーター陣は一斉に

「いやいやいや…」と首を振った。

だが野々村氏はひるまない。

「何もかも、エアコンが効いたハウスでやる競技をしちゃダメ。

ここまでは限界、でももうちょっとやれるっていうのは、

そのために指導者、責任者がいる。そういう判断力ある指導者が

これから出て来ないと」と持論を展開。

twitterの反応

確かに「ある程度まで」はね。。

命落とす程の我慢は不要です😅

この記事が気にいったら、コメントしてね!!!