人間に2度も見捨てられたブルドッグ….1本の電話で命が救われる。

衝撃, 話題

飼い主からブリーダーに返されてしまったブルドッグ。

そのブリーダーもまた病気のブルドッグを見て、

まるで物のように捨て去ります。

人間から2度も見捨てられたブルドッグは、

まるでボロ布のような姿に。

しかし、見捨てる人間ばかりではありませんでした。

路上で発見された「ボロ布」のようなブルドッグ

このブルドッグは、

アメリカ・マサチューセッツ州の小さな町、

ファルマスで発見されました。

たまたま散歩で通りかかった若い男性が、

通りの向こうにある「茶色い塊」に違和感を覚えたのです。

普段からこの道を通っている男性は、

何か不審なものかもしれない、と

通りを渡りその塊を確認しにいきます。
 
するとその「茶色い塊」は力なく動いたのです! 

それで初めてその「茶色い塊」がブルドッグだと

いうことが分かりました。

それほどに変わり果てた姿だったのです。
 
あまりにも弱々しいブルドッグの呼吸は、

そう命が長くないことを知らせていました。

それでも、男性はブルドッグを見捨てずに、

地元の動物保護団体『Adopt-A-Bull Terriet Rescue』に、

救助の電話を入れたのです。

出典:www.adoptabullterrierrescue.co.uk

標準体重の半分以下にまで痩せ細っていた…

動物保護団体のスタッフが到着するまでの間、

男性は衰弱しきったブルドッグを励まし続けます。

呼吸が荒くならないように、優しく静かに見守りました。
 
動物保護団体が到着すると、スタッフは段ボールに

ブルドッグを入れましたが、その軽さに驚いたといいます。

ブルドッグらしい逞しさはまったくなく、

ガリガリに痩せて全身の被毛は半分以上も抜け落ちていました。

出典:www.adoptabullterrierrescue.co.uk

ブルドッグは施設内の治療室に運ばれました。

診察した結果、おそらく1歳半にも満たない

若いメスであることが判明します。

体重を計ってみると、わずか9kgでした。

健康なメスのブルドッグの体重は23kg程度ですから、

保護犬は半分以下の体重しかなかったのです。

捨てた人物を特定

動物保護団体は、世界的にみてもどの団体も資金不足です。

この団体も例外ではなく、資金的には余裕がない状態ですが、

このブルドッグが健康になるまでしっかりと

面倒を看ることを決めました。

それと同時に、Facebookで、この犬に十分な

ケアができるよう募金を呼びかけます。

結果的に多くの寄付金が集まり、

団体は人々の好意に感動したといいます。

出典:www.adoptabullterrierrescue.co.uk

団体は、このブルドッグを捨てた人間を

見つける必要がある、と調査を開始しました。

その結果、ブルドッグの飼い主が判明。

もしかしたら、マイクロチップが入っていたのかもしれません。
 
飼い主は、このブルドッグの毛に、

「ダニ」が付いていという些細な理由で、

購入したブリーダーに返していたのです。

ブリーダーであれば、無知な飼い主に動物病院に連れて

行くことを促すのが役割でしょうが、

このブリーダーもまた愚かでした。

返されたブルドッグを引き取ったものの、

病院にも連れて行かずエサも死なない程度に与えるだけ、

というブリーダーの資格を剥奪されるべき人間だったのです。

さらに恐ろしいのは、このブルドッグが死んでしまうことを

理解しながら、路上に放置したのです。

飼い主とブリーダーに処罰が下ったのかまでは不明ですが、

のブルドッグが2度も人間から見捨てられたということが

浮き彫りになったのでした…

素敵な名前をもらう

男性の1本の電話によって救われたブルドッグには

「プリンセス」と名付けられました。

皮膚病の治療やスタッフからの献身的な介護により、

毛並みもきれいに生えそろって健康を取り戻しました。

出典:www.adoptabullterrierrescue.co.uk

ダニが付いたからブリーダーに返す飼い主、

戻ってきた犬が再販売できないから放棄するブリーダー… 

命を軽んじる人物には生き物と関わる資格はありません。

引き受けた命は最後まで責任を持つべきですね。

改めて認識させられる事案でした。