不機嫌な人間の顔をした仔牛が発見される。しかし2時間後に命を落としてしまう。その理由にあなたは震えが止まらない…

動画, 衝撃, 話題

アルゼンチンで「不機嫌な人間の顔をした仔牛」が発見される

この衝撃的な映像を見ていただけたでしょうか?

人が不機嫌な顔をしているような顔で生まれてきた

仔牛なのですが、ずっと横たわって首を動かしています。

そしてこの仔牛が発見されてから2時間後には

息を引き取ってしまいました…

これに対し世界中では物議を醸し、遺伝子学専門家の

ニコラス・マニャーゴさんによるとDNAや染色体に変化を

引き起こす作用をもつ変異原性のものであったり、

肉体的、科学的または生物学的作用の自然要因が原因で

このような突然変異が起こるそう。

そして遺伝子操作によってこのような奇形の動物が

誕生するらしいのですが、こういった奇形の動物は

誕生してまもなくなくなることが多いそう。

これに対し世界中では放射線や品種改良による人為的作用が

引き起こした突然変異ではないのかと物議をかもしているのです。

もし人が原因でこのようなことになってしまっているのならば

早急に事件の解明を急いでいただきたいものですね

この記事が気にいったら、コメントしてね!!!