運命が引き寄せた感動的な出会い命を救った猫に命を救われた飼い主…

感動

アメリカ、テキサス州に住むグレン・シャルマン(56)さんは

脳がひとつではなく

三つに分かれた状態で生まれ

多小脳回または一方的裂脳症という

視床下部過誤腫として

知られる珍しい脳の腫瘍を抱えている。

その影響で日に1回は発作が起きるのだが

寝ている間にこの発作が起きると

そのまま死んでしまう可能性もある

とても危険なものである。

そんなシャルマンさんだが

数週間前ヒューマン・ソサエティ

オブ・ノース・テキサスが運営する

里親センターを訪れ

ひとつの命を救った。

とてもかわいそうに

境遇にあったという

猫のブレークはこの後

シャルマンさんの命を救うこととなるのである。

ブレークが以前飼われていた家は

地獄のようなところだった。

その家では、何匹もペットを

飼っていたため

持て余してしまい

きちんとした世話ができずに

動物たちは放置状態になっていたのだ。

人間の愛情というものをまったく

知らずに過ごしたブレークに

心から安らげる家を探しているところだったが

里親はなかなか見つからなかった。

そこに訪れたのがシャルマンさんだ。

「あの子はとても目立っていた」

とシャルマンは語る。

「ひとりで飛び跳ねて

やたら鳴きまくって、ここから出して

出してとボクに訴えていたんだ」

シャルマンが近づいて抱き上げると

彼の額にキスして

ゴロゴロ喉を鳴らしたという。

まるで、運命に引き寄せられたかのように

養子縁組が決まった。

ブレークはシャルマンの家にやってくるなり

まるで前から知っている場所であるかのように

すぐに慣れたという。

家のあちこちで、初めての場所とは

思えないほどリラックスして寝そべり

家じゅうを占領して、愛情という愛情を求めた。

ブレークはまた

自分を救ってくれたシャルマンの

命を長らえるよう最大の注意を払った。

シャルマンによると

発作が起こりそうなときを

ブレークは気味が悪いくらい

察知するのだという。

顔をすりよせて

発作が起こりそうな気配を

知らせてくれるので、

事前に腰を下ろしたり

横になったりして発作に

備えることができるのだ。

ある夜も、シャルマンさんは

寝ている間に発作にみまわれた。

でも、ブレークがそばにいて

懸命にシャルマンの

つま先に噛みついた。

そうでなければ目覚めなかったかも

しれないという。

シャルマンさんは、かつて

アリゾナに住んでいた頃

3匹の猫を飼っていたため

猫と友情を育むすばらしさについては

よく知っていた。

彼に言わせると、猫は第六感のようなものを

もっていて、その3匹も彼の発作の発生を

ちゃんと予測できたという。

テキサス州のフォートワースに

落ち着いたとき、シャルマンは

新たな親友を探し始めた。

そこで巡り合ったのがブレークである。

あらかじめ運命づけられていたかのように

両者はシェルターで出会い

吸い寄せられていったのだ。

出会ってまだ数週間とは思えないほどに

強い愛情と信頼で結ばれている

シェルマンさんとブレーク。

シェルマンさんの病気は深刻で

常に致命的な合併症を引き起こす

危険性があるが、ブレークの存在が

彼に生きる希望を与えてくれている。

犬が飼い主の切迫した発作などを

見つけることは知られているが

猫もまた、同族以外の動物の命を

救うこともあるようだ。2011年には

シェルターにいたキティという猫が

発作を起こした少女の体の上に乗って

必死で鳴きわめいて知らせ

その命を救った出来事が

ニュースになったことがある。

アニマルセラピーというと

犬の貢献を思い浮かべることが

多いかもしれないがどんな動物でも

愛情という絆があれば

飼い主の命を救う存在となるのだ。

 

この記事が気にいったら、コメントしてね!!!

感動