【運命の奇跡】生後間もなく誘拐された少女高校に実の妹が入学あまりにもそっくりであると同級生たちが騒ぎ出し事件発覚

衝撃

1987年南アフリカのケープタウンの病院で

1人の女の子が生まれた。

その3日後、病院で眠っていた母親のそばから

この赤ちゃんは何者かにさらわれてしまった。

それから17年後、さらわれた女の子は

同じ学校で実の妹と運命の再会したのだ。

この少女の名はゼファニーという。

きっかけは新しく入学してきた

3つ下のキャシディ(14)が

あまりにもゼファニーそっくりで

あるとして同級生たちが騒ぎ出したことだ。

自分とあまりにも似ているため

キャシディはゼファニーを家に招き

両親のセレスト・ナースとモーン・ナースに会わせた。

彼らはすぐに17年前に誘拐された

愛しい娘だと直感した。

そしてすぐに警察に連絡した。

両親は消えた娘のことを忘れたことはなかった。

長女のゼファニーがいなくても

ほかの3人の子どもたちと

一緒に毎年彼女の誕生日を祝っていたのだ。

DNA検査の結果

ゼファニーが実の娘である確証がとれ

警察は誘拐の罪で50歳の女性を起訴した。

ゼファニーは違う名前で

違うと家族とともに

自分が本当の娘ではないことも

知らずに育った。

しかし、たまたま実の妹の

キャシディと同じ高校に通い始めたため

クラスメートがふたりがあまりにも

似ていることに気がついたことにより

事態は進展したのだ。

ゼファニーを誘拐し

実の親のふりをした女性とその夫は詐欺

児童保護法違反で逮捕された。

女性とその夫には子供がいなかったという。

運命の再会を果たしたのは必然だったのか?

子供を誘拐した女性はもちろん罪を償うべきだが

今までずっと実の母親と信じ

暮らしてきたゼファニーは

複雑な気持ちなのではないか?

これまでと生活は一転するわけだし

よくわからないが、複雑な話だよな。