【泣ける….】大好きだったメス牛が売られる日、その犬の姿に涙を流して…それを見かねた飼い主の行動に感動した。。。。

泣ける, 衝撃, 話題

人だけではなく、動物にも感情があり、

悲しむ気持ちがあります。

人間と同じように犬も悲しい時、涙を流すことで

悲しみの感情を表わします。

最近、ネットでこのような映像を見ました。

大親友の牛が売られることに。

その犬の姿に涙が止まらない!!

韓国の農場で暮らす小さな犬のルーキーは孤児だった。

母親の愛情を知らないルーキーだったが、

彼には特別な親友がいたから寂しくなかった。

その親友はとても大きなメスの牛だ。

体だけじゃない、愛情もすごく大きいんだ。

その牛は時に母親代わりになり、時に親友として、

ルーキーといつも一緒に時を過ごした。

だが別れの時がやってきた。

経済的な理由から牛を売りに出さなければならなかったのだ。

そして別れの時

飼い主はルーキーの思いの大きさを知ることとなる。

ルーキーは涙を流して悲しんだのだ。

大好きだったメス牛がいなくなる日、その犬は涙を流した。

ひとりぼっちだったルーキーは、農場の家族に拾われた。

そこで出会ったメス牛は、お母さん以上の愛情を

ルーキーに注いでくれた。いつも一緒だった。

メス牛の懐の中に入ればルーキーは寂しくなかった。

別れは突然やってくる。

経済的理由から苦渋の選択を強いられた飼い主たちは、

メス牛を売ることに決めた。

これからルーキーはメス牛に会うことはできなくなるのだ。

ルーキーは涙を流して悲しんだ。

お願い、いかないで!最後まで牛のそばを離れないルーキー

飼い主も不憫に思ったが、他に選択肢はなかったのだ。

そうしてついにメス牛が引き取られていく。

諦めきれないルーキーは、メス牛の鳴き声を頼りに農場を飛び出した。

メス牛がいる場所を突き止めたルーキーは、

メス牛の周りを走り回った。

「いかないで!ボクをおいていかないで!」

生きる希望を失ったルーキーだったが…

だが、ルーキーの健闘もむなしく、牛から引き離され、

連れ戻された。メス牛がいなくなってからというもの、

ルーキーは生きる希望を失ってしまったようだ。

それから一切食べ物を口にしようとしない。

日がな一日牛舎の出入り口を見つめて過ごした。

悲しそうに鳴くルーキー。ところが…あのメス牛が返ってきた!

ルーキーをあまりにも不憫に思った飼い主は、メス牛を買い戻したのだ。

もうどこにも行かないで!

ルーキーは今までよりさらにメス牛から離れようとしなくなった。

少しでもまた目を離したら、どこかに行ってしまいそうで怖いから。

こうしてまた一緒に暮らせるようになったルーキーとメス牛。

めでたしめでたしというところだが、

ルーキーが興味があるのは人間とウシばかりというのもよくないだろうと、

飼い主は今、ルーキーを他の犬とも仲良くさせようとしているという。

動物たちの愛情の深さには本当に驚かされる。