バカリズムのヤンキー武勇伝がやばすぎ!!!武闘派ヤンキーの素顔に視聴者が騒然「もう笑えない」

衝撃

バカリズム

かつて1995年から2005年までは

升野英知と松下敏宏による

お笑いコンビの名称であったが

松下の脱退後は升野が

コンビ名を芸名として引き継いでおり

現在では『バカリズム』は

升野個人を表す名称になっている。

バカリズム暴露された

”武闘派ヤンキー”の素顔に

視聴者が騒然「もう笑えない」

バカリズム(41)が

11月7日の『にけつッ!!』の中で

千原ジュニア(43)に

「おかっぱの仮面をかぶった糞ヤンキー」

だと暴露される一幕があった。

「バカリズムはいつものように

ニコニコの笑顔で登場したんですが

トークの中で

『先輩芸人の方々から扱いづらいのでは』と相談。

すると千原は『コイツ、ホンマのうそつき』と言い始め

『皆さん、おかっぱという仮面に騙されてるだけで

ゴリッゴリの糞ヤンキーなんです』

とその素顔を暴露したんです。

意外な事実にシーンと静まり返った客席に

バカリズムは否定もせず

『育った所が血気盛んな場所だったんで

ボクもそういうところがあったというだけ』

と言っていました。

さらにケンドーコバヤシ(45)も

『昔、日村さん(勇紀/45)と

歩いてた時に絡んできた

5、6人の高校生を黙らせた』

とエピソードを披露してました」

小柄な体格と笑顔と髪型からは

想像もつかないニュースだが

じつはこれまでにも

バカリズムが「元ヤンキー」

だという噂は根強かった。

武闘派野球部員で

地元ヤンキーとの血みどろ

喧嘩エピソードも

「バカリズムは『オールナイトニッポンGOLD』

(ニッポン放送)でも

何度か不良エピソードを紹介しています。

高校は福岡の野球強豪校で

”血気盛ん”で有名な学校で

友達と予防接種で病院に行った時に

割り込みをめぐって

友人が他校のヤンキーと

ケンカを始めてしまったとか。

バカリズムは止めに入ったが

相手に殴られて、ぶちギレてしまい

羽交い締めにする大人たちをはねのけて

鼻血が出るまで相手を殴り倒したそうです。

ところが相手は地元で

有名なヤンキーだったようで

タイマンのケンカをすることになり

レンガで後頭部を殴られる大乱闘になったと語ってます」

バカリズムは他にも

8月16日に放送の『ナカイの窓』(日本テレビ系)

でも「不良エピソード」の片鱗をみせ

「文化系」だと信じていた視聴者から

「幻滅した」「黒バカリズムにガッカリ」

と言う声が続出するなど騒然に。

「もう笑えない」と意見までSNS上にあげられている。

笑いは「内容」だけでなく

誰がいったかという「キャラ」が掛け合わされた

総合芸能である。

松本人志(54)が「筋肉をつけて、笑いの筋肉が落ちた」

と揶揄されたように、バカリズムにとっても

不良エピソードはプラスでない気がするのだが。