『実話』6歳で誘拐され無理やり戦うことを強いられた少年兵。希望を捨てなかった彼の現在の姿とは。。。。

動画, 感動, 泣ける, 衝撃, 話題

内戦が起きている国では、子供を誘拐して

少年兵として育成するという事が現実に起きています。

多くの殺戮を強制され、心も体も蝕まれていく。

そんな少年が未来に向かい希望を捨てず

努力し続けた悲しくも素敵なエピソード。

現実に起きたニュースでもあります。

是非最後までご覧ください。

希望を捨てなかった少年

出典:www.youtube.com

出典:www.youtube.com

アフリカに住む6歳の少年デング・アダット君。

彼はある日村に突然現れた軍により

強制的に誘拐され母親から引き離されました。

その後、33日間かけてエチオピアまで歩き、

反乱軍と共に戦うことを強いられます。

訓練を経て銃を持ち、少年兵となり戦場で戦うデング。

まだ幼い少年は、与えられた環境の中で生きていくしかありませんでした。

出典:www.youtube.com

そして12歳の時、デングは背中を撃たれ重傷を負います。

絶望、そして未来に希望を持てなくなっていた時、14歳で兄と再会。

その時、デングは戦場のスーダンから密出国することを決意します。

兄の助けを借りながら必死覚悟で密出国を強行します。

捕まれば命をなくしてしまう。

その時の恐怖は私たちには想像できないものです

出典:www.youtube.com

彼は密出国に成功しました。

国連の力を借りて、難民としてオーストラリアに受け入れられます。

このときに感じた、安堵感は私たちが想像できないものです。

彼は、今後、未来に向かって努力できる権利を得たのです

出典:www.youtube.com

彼はどんな苦難にも立ち向かっていきました。

15歳で異国の地に行き、お金もなく語学も全くできない。

しかし、車の中で生活しながら独学で文字の読み方を学びました。

そんな彼を受け入れたのがウエスタン・シドニー大学。

そこでデングは法律を学びました。

出典:www.youtube.com

自分の意思とは無関係に誘拐され、

戦場で戦う事を強制されたいた少年は

自国、スーダンの難民を助けるために

弁護士として自ら法廷で闘い続ける…

かつて同じ思いをした少年たちがこれ以上増えないように

この、デングさんの心打たれるストーリーは

母校、ウエスタン・シドニー大学のCMに。

出典:youtube.com

映画みたいな話ですが、全て実話です。

そして、今もこのような事件が起きている事が現実です。

急に何かできる訳ではありません

私たちがどれだけ恵まれているのか考えさせられる。

そして恵まれた時間をどのように使うのが一番よいのか、

今一度考える必要があるかと思います。