育児放棄により̠−20℃の中に置き去りにされた男の子。その命を救ったのは2日間寄り添い続けた飼い犬だった。。。。

衝撃, 話題

2017年2月11日、ロシアで目を疑うような

事件が起き1人の女性が逮捕されました。

なんと、2歳の我が子を氷点下20℃という

極寒の中に置き去りにし、6日もの間行方をくらましたのです。

置き去りにされた男の子は2日目で発見され、

命に関わる深刻な状態になりながらも

なんとか一命をとりとめました。

そしてその少年の命を救ったのは、

1匹の勇敢な飼い犬だったのです。

我が子を置き去りにした母親

ロシア・シベリア地方の南部に位置する

ロクテフスキーで、その事件は起こりました。

母親が2歳になる息子を、氷点下20℃という

極寒の中に置き去りにし行方をくらましたのです。

我が子を置き去りにしたのは、暖房の全く効かない玄関でした。

人間は体温が27℃を下回ると凍死すると言われています。

氷点下20℃に2日間も置き去りにされたら通常であれば

命を落としますが、今回この男の子は幸いにも

一命をとりとめました。

なぜ男の子は助かることができたのでしょうか。

その理由に多くの人が胸を打たれました。

飼い犬と過ごした2日間

男の子は幸いにも一命をとりとめた理由。

それはなんと2日もの間、飼い犬が男の子の

身体を温め続けてくれたからなのです。

飼い犬は男の子が冷えないようにと寄り添い、

温め、男の子を励まし続けました。

男の子は犬に温められながらも、近隣住民によって

発見されたときには、命に関わる深刻な低体温症を

引き起こしており、すぐに病院に搬送されました。

男の子が発見されてから4日後にようやく帰宅した母親。

現在は実行判決を下され、親権を剥奪されたのだそう。

警察は、母親が恋に男の子を置き去りにしたとして

引き続き調査を進めています。

男の子の命を救った「ヒーロー」に世界中から

称賛の声が上がっています。