ネカフェ難民急増!!!寝泊まり利用者の実態が闇すぎる・・・

衝撃

インターネットカフェは

有料でインターネットに

アクセスできるパソコンを

利用できる施設のことである。

欧米ではサイバーカフェとも言い

日本ではネットカフェ

ネカフェ、ネット喫茶等

様々な略称でも呼ばれる。

日本では90年代にまだ家庭には普及していなかった

インターネットを使いWWW

閲覧をするための設備として

秋葉原などの電気街で営業していた。

2001年以降からパソコン本体価格の低価格化

導入の費用コストの低減

規制緩和によるADSLモデム売切り制導入の開始

電気通信事業者のみ取付工事が

許されていたモデム取り付けが

個人による設置が可能になったことで

煩雑さが解消されインターネット常時接続(ADSL)を

定額料金で利用できる環境が整い普及した。

これらの要素により

漫画喫茶の付属設備のひとつとして

インターネットが利用できる

パソコンの導入が進められた。

自宅にパソコンを所有しないあるいは

ネット常時接続環境を導入していない

または旅行中や外出中の人々が

気軽にネット環境が利用できオンラインゲーム対応パソコンの

導入により従来の漫画喫茶のマンガ単行本

雑誌と並ぶ集客のコンテンツとして

人気が定着、新規ビジネスとして

漫画とインターネットを

複合化させたインターネットカフェの

チェーン展開が多くの企業で行れた。

消費者ニーズの高まりを受けて

大都市を中心とした出店から

地方都市への出店が加速し

インターネットカフェは

アミューズメント施設として

一般的に認知された存在となった。

後述の諸問題から先進国では

旧来のカフェスタイルの営業は姿を

消しつつあるが、発展途上国では

パソコンや通信料金が依然として

高価なため、インターネットカフェを

通じてウェブに接続する場合が多く

インターネットの普及を支えていると言われている。

現在では最貧国や強い言論統制が

行われている国でなければ

途上国の都市部においては

多くのインターネットカフェが見られる。

また、途上国のインターネットカフェの特徴として

IP電話を利用した電話サービスを

主要サービスとして掲げていることも多く

特に国際電話は格安で利用できるため

旅行者の利用価値も高い。

ただし、多くの店舗は公然と営業していても

国によってはIP電話は

非合法の場合もあり、注意が必要である。

韓国・台湾・中国などでは若者による

ネットゲームへの参加は

むしろ自宅などよりネットカフェで盛んである。

一方、北朝鮮にもネットカフェは存在するが

利用料金が高く

多くの一般市民が利用できないと言われている。

インターネットカフェなどで

夜を明かす利用者の実態について

都が初めてアンケート調査したところ

回答した946人のうち

およそ4人に1人が

「住居がない」と回答していたことがわかった。

ネットカフェや漫画喫茶、サウナなど都内502店を対象に実施。

寝泊まりしていた946人のうち

「旅行出張の宿泊」との回答が37・1%、

「住居がない」が25・8%

「遊びや仕事で遅くなったため」が13・1%だった。

「住居がない」と回答したのは244人で

職業はパート・アルバイトと派遣労働者が7割を占めた。

「住居がない」と「住居を失う恐れがある」を

合わせた363人のうち

9割は「同種店舗を週に3~4日以上利用」と回答。

年齢別では

30~39歳が

38・6%、

50~59歳が

28・9%と多かった。

月収は「11万~15万円」が

46・8%と最多で

住居を確保できない理由については

6割が

「入居に必要な初期費用が準備できないため」

と回答した。