親に捨てられストリートチルドレンになり物乞いをして暮らしている少年の唯一無二の親友となった1匹の野良犬

泣ける

親に捨てられフィリピンの

メトロ・マニラ内にあるケソン市の

路上で食料やお金の物乞いをして

暮らしている少年がいる。

11歳のロンメル・キミナレスくんは

幼い頃に母親が家を出て

出稼ぎに行っていた父親も

愛人を作りいなくなった。

幼い彼と8人の兄弟が家に残された。

一緒に暮らす20歳の姉は工場で働いているが

稼ぎが十分とは言い難いうえに

ボーイフレンドは飲んだくれだ。

兄の1人は麻薬中毒で

3人は養子に出されている。

下の兄弟の2人は現在母親と暮らしており

残る1人はロンメルくんと街中で

物乞いをしているときに姿を消してしまった。

ロンメルくんは一人ぼっちで物乞いをつづけた。

家に帰れるのはお金がある程度たまったときだけ。

それ以外は路上で寝ている。

ロンメルくんは、こんな生活を10歳のときから送っている。

そこに現れたのが1匹の野良犬バジさんだ。

バジさんをしっかりと抱きかかえながら

路上で眠るロンメルくんの姿は

メトロマニラの名物となり

この一枚の写真がネット上に取り上げられ話題となった

愛犬のバジさんとは1ヶ月前に出会った。

とてもたのもしくて、ロンメルくんを

いつも見守ってくれているという。

ロンメルくんが麻薬中毒の

少年たちからいじめられたときは

盛大に吠えて撃退してくれた。

寝込みを強盗されそうになったときも

バジさんが起こしてくれたことでことなきを得た。

そんなロンメルくんとバジさんの路上

暮らしがココナッツTVに取り上げられた。

以下の動画である。

彼は両親がいないことには慣れっこになってしまったという。

母親が時折家を訪れることもあるが

それは食事や小遣いをせびるためだ。

そんなときは、こう言うそうだ。

「お母さんには自分の人生があるでしょ。

お母さんはもう僕たちを捨てたんだからと。

彼らに他人を助ける余裕はないのだ。

こうした状況であるためロンメルくんが

物乞いをせざるを得なくなった。

だが、都会には危険がいっぱいだ。

通りには警察もいるが彼らも油断できない。

市民を守るはずの警官に逮捕され

所持金を奪われたこともある。

ロンメルくんは釈放される前に

彼らがその金でタバコを買うところを見たという。

お金がある程度たまった時は自宅に帰る。

だが、バスで犬の同伴は認められていないため

乗るときはバジさんを

こっそりシートの下に隠しておく。

見つかってしまうと

バスを下車してまた次のバスを探す。

「ノートは買えたけど、学校に行くお金がない」

と語るロンメルくんの

姿に関心が寄せるようになった。

ココナッツTVはカローカンの社会福祉課に相談し、

社会サービス課からも協力を得た。

また、ネット上では大勢の人から

励ましのメッセージが届けられ

ロンメルくんは、フランシスコ・ホームズ小学校に

晴れて2年生として入学できることになったそうだ。

無事学校に入学したロンメルくんだが

生活費を稼ぐために週末にはケソン市で

物乞いを続けるという。

そんなロンメルくんの将来の夢は

動物を助けることができる獣医になることだという。