もし世界を変えられるとしたら何を変えたい?5歳の子供から105歳までお年寄りに聞いたところ・・・

話題

世界中の人々の感情や思考

文化や価値観を調査しているアメリカのメディア会社

「ソール・パンケーキ(soul pancake)」が

5歳から105歳までの人々にどんな世界を

望んでいるのかをインタビューした

映像が公開されていた。彼らにはこんな質問をした

もし世界を変えられるとしたら何を変えますか?

9歳(女):学校をなくすわ。そして宿題もね!

15歳(女):完璧なルックスにこだわりすぎの社会をなくす。

23歳(女):もっと短時間で旅行できるようにするわ。

10歳(男):もっとテクノロジーを発展させる。

ロボットに地球をコントロールされるような状況にはなって欲しくないけど。

14歳(男):公平な世界を望むね。今の世界にはないからね。

17歳(男):肌の色や外見に関係なく、みんなが平等に扱われる世界。

83歳(女):平等な世界。住む家もなくお腹をすかせている人たちがいる一方

お金がありすぎて何に使っていいか

分からない人たちもいるそういう不平がない世界よ。

11歳(女):みんなが、いつでも、無料で好きなものを食べることができて

そのために働かなくてもいいの。

食べ物が自然に地面から伸びてくる感じよ。

14歳(男):通貨をかえるわ。

今の世界はお金に執着しすぎている。

37歳(男):お金持ちと貧乏な人を入れ替える。

95歳(女):毎日、天気がいい世界ね。

カルフォルニアの天気なんて最高ね。

32歳(女):なんでもいいの?収入の公平さかしら。

36歳(男):アメリカの刑務所制度を変える。

45歳(男):銃を排除する。

59歳(女):正しいと思い込む人々のエゴをなくす。

56歳(女):精神病に関する間違ったイメージを変えたい。

105歳(男):何を変えたいかなんて分からない。

5歳(女):何も盗まれない世界かな。

26歳(女):連絡手段でSNSを使いすぎる風習

35歳(男):こんなに簡単に連絡をとれたり意思疎通できるのに

他人に耳を貸さない世界を変えたい。

68歳(男):コミュニケーションの無能さを変える。

自分と意見が違う場合でも受け入れる世界。

78歳(女):害となる…信条を排除する。

みんな、どうでもいいことばかり信じて

自分のことは信じないからね。

20歳(女):もっと思いやりのある世界にする。

31歳(女):忍耐力の強化、寛容な世界がいい。

32歳(女):この世に溢れている恐怖を減らす。

35歳(女):みんな心が狭い。特に大声をあげている人などは。

10歳(男):昔みたいに居心地のよい世界がいい。

48歳(女):すごい包括的に聞こえるかもしれないけど

世界平和が欲しい。この世から戦争をなくしたいわ。

78歳(男):すべての国が民主主義…つまり自由になってほしい。

8歳(男):幸せと喜びで溢れている世界かな。

35歳(男):ガソリンの値段かな。分からないよ。

7歳(女):分からない。だって今の世界はすべてが楽しいから。。。

あ、思いついたわ。もし恐竜を蘇らせることができれば

ぜひやってみたい。私が世界を変えることもできるけど

恐竜ならもっと世界を変えることができるはず!

年代によって答えがバラバラなように

彼らの答えは自分がどのような

人生を送ってきたかを反映している。

子どもは恐竜を生き返らせたいと望み

10代の子は社会的存在価値の心配をしている。

そして、高齢者になると、国際協力とは

結局個人と個人の思いやりの問題である

と理解している。

そしてこんなシンプルな願いを持った

1人の高齢の女性もいた。

彼女が望むのは…天気のよい世界。

さてみんなはもし世界を変えられるとしたら何を変えたい?