優秀な盲導犬の補助器具を外した瞬間・・・盲導犬を引退したオリバー

感動愛犬, 感動, 盲導犬

とても忠実で優秀な盲導犬のお話しです。

思いっきり走り回りたかったのでしょう!

その姿に涙が出てしまいます。

補助器具を外した盲導犬の姿をご覧ください!

補助器具を外した盲導犬は・・・

盲導犬とは

「優秀な犬」の代表・盲導犬は無闇に

吠えたりすることもなく

人の役に立つ賢い犬です。

盲導犬として採用されるには、

1.約6カ月~1年間
盲導犬に求められる作業や
社会的なマナーの訓練を
受けテストに合格する。

2.性格面、健康面作業面が
盲導犬として適していると判断された犬。

1、2の条件を満たした

犬のみが採用されます。

人の指示に従うのは

もちろんのことさらには自ら

「何をするべきか」

を考え

自主的に適切な行動を

することが求めらるのが盲導犬です。

盲導犬としてデビューした後も大変

体調管理

そうしてデビューした

盲導犬は、非常に厳しく

管理することも求められます。

健康診断は月に一回行われ

爪の確認や足裏の毛刈りなども行われ

飼い主さんに危険が

及ばないような状態を常に保つのだとか。

獣医さんと盲導犬

ある獣医さんのところに

盲導犬が健康診断のために

初めてやってきたときの

お話をブログに綴っています。

獣医でも盲導犬を診る機会は少なく

初めてのことだったようです。

爪切りでは自分から

足を差し出す姿に

やはり盲導犬は優秀だな

と感じていたのですが・・・

正確に体重を測るため

盲導犬の補助器具を外した時に

盲導犬が豹変します!

補助器具を外した盲導犬

彼は一目散に病院を駆け巡りました。

そして、病院内の看護士

獣医一人ひとりに挨拶をするように

じゃれて、グルグル回って

伏せをしたと思いきや飛び掛ってきて、

また次の人間のところへ・・・

そう、これが

彼の本当の姿だったのです。

本当は人間と一緒に

思い切り遊びたくて

走り回りたくて、

普通の犬としての

暮らしに憧れを持っていた。

そんな彼に与えられた

使命、盲導犬。

長い間、ずっと抑えていた

感情だったのでしょう。

本当は人間とじゃれ合って

遊びたい普通の犬に戻ったのです!

獣医さんは

「彼に付けられていた補助器具を外したから」

だとみています。

補助器具を付けている間は・・・

「プロの盲導犬」

でいると言います。

「いつもごめんなぁ・・ごめんなぁ・・先生

少しだけこの子を自由にさせてあげても良いですか?」

飼い主さんもこういって

この犬のもっと遊びたい

走り回りたい気持ちを知っていたようです。

それ以来、月に一度の

メンテナンスにやってきた時

だけ補助器具を外し、

わずかの間みんなに

挨拶しにいくことを

許されているそうです。

病院のスタッフも彼に

挨拶を返すのは言うまでもありません。

優秀過ぎますね!

いかがでしたか?

現在日本で活躍する

盲導犬は

わずか1000頭ほど。

プロの仕事をしている

盲導犬はそっと

見守ってあげてくださいね♪

最後に、引退した盲導犬が

11年ぶりに自宅へ

帰る話の動画をご覧ください!

涙無しには見られない!

引退した盲導犬が11年ぶりに自宅へ帰る日・・・

盲導犬のオリバー

盲導犬として勤め上げたオリバーが

11年ぶりに自宅へ帰る日がやってきました。

その時の映像をご覧ください。

きっと、幼いころの

記憶を忘れていなかったのでしょう。

感動の再会ですね!オリバーお疲れ様!