【画像】名古屋市の小学校給食がしょぼすぎると話題に!10年前は・・・・

びっくり, 衝撃, 話題

【画像】名古屋市の小学校給食がしょぼすぎると話題に・・・

記事によると・・・

名古屋市の小学校給食が質素すぎるのでは

ないかとネット上で話題になっている。

発端となったのは東海テレビの12月5日の報道。

その中で、名古屋市の小学校の給食の10年前のメニューと、

現在のメニューとを比較した。

年6回あったメンチカツが昨年度は1回、同じく年6回あった

エビフライはゼロになったと伝え、デザートも年83回から、

41回に半減したとした。

一方で、切り干し大根や高野豆腐などを提供する機会が増えたとも伝えた。

名古屋市教育委員会に取材をすると、確かに過去10年ほどで、

学校給食の献立には変化があったようだ。

提供された2009年の給食写真と見比べると、

副菜やデザートを中心に品数が減っていることが分かる。

こうした背景にあるのは、給食費の問題だ。名古屋市教育委によると、

名古屋市の給食費は月額3800円で、全国20の政令指定都市で

最も安く抑えられてきた。

消費増税などを受け、値上げする自治体が多い中、

名古屋市は2009年に現在の値段になって以降、

食材の工夫などでやりくりしてきたという。

名古屋市の給食をめぐって、ネット上では反響が広がっている。

Twitterには、東海テレビの記事を引用して、「50年前より質素だ」

「かわいそうで涙出てくるこれが先進国なのか?」

などするコメントが続いた。

名古屋市教委では、2020年度から給食費を月額600円値上げし、

4400円にする予定。

市教委の担当者は「食材費が高騰しているため、使える食材が限られてきた。

安くて栄養価のある食品に頼ってきたが、限界だ」と説明。

600円の値上げによって

「いろんな食材を提供できるようにしたい」と述べた。(略)

現在の給食

10年前の給食

大阪の給食

質はわからんが量は確実に減ってる

40年前は美味くて量ももっとあったぞ

チャンネル登録お願いします。

この記事が気にいったら、コメントしてね!!!

びっくり, 衝撃, 話題