9年間、劣悪な環境のパピーミルで子供を産ませられていた犬。保護されベッドの上に寝転ぶ姿に涙が溢れる

動画, 泣ける, 衝撃, 話題

子犬工場・子猫工場と呼ばれるパピーミル。

ずさんな管理のもと檻に入れられ、9

年間もの間子供を生ませられていた犬が保護されました。

保護施設のスタッフは彼女にふかふかのベッドを準備すると…

そこに映された光景に胸が締め付けられます。

初めてふわふわのベッドに寝転んだデリラ

デリラと名付けられた可愛いワンちゃん。

実は彼女は、初めてベッドの感触を経験したのです。

というのもデリラは生まれてから9年もの間、

ずっと檻の中での生活を強いられていました…

子犬生産工場とも呼ばれるパピーミルでの生活は、

ただただ子供を強制的に産ませられる

非人道的な扱いを受けていたのです。

幸運なことに保護団体に保護され、檻の中の生活から

解放された彼女に施設のスタッフは、ふかふかのベッドを準備しました。

初めて味わう感触に、驚きながらも心地よさを感じているのか、

尻尾を振りながら様子を伺っています。

意を決してベッドに倒れ込む彼女。

そこに映し出されていたものは、とても微笑ましい光景ながら

彼女の過酷な過去を語っており、胸が締め付けられる光景でした。

ベッドに身を任せ横になるデリラ。

体をベッドにこすりつけ全身でベッドの感触を味わいます。

その感触はこれまで一度も味わったことがないとても

居心地の良い場所だったのでしょう、

何度も何度も体を揺らすのでした。

心温まる光景でありながら、彼女の悲しい過去も

伝わってきてしまい思わず涙があふれます。

17秒という短い動画の中で語られる彼女の過去。

それはきっととても辛いものだったことでしょう。

これからは、今までの9年間を取り戻せるほどの

幸多い人生を歩んでいってもらいたいものです。