引っ越しの時に置き去りにされた可哀そうな犬。。。もう一度人と共に第二の犬生を望むまでの感動の物語・・・

感動

8歳になる

ラブラドール・レトリーバーの

ラリーは、アメリカ・カリフォルニア州

にある造園業者の所有する

倉庫の駐車場で寝起きしていた。

ラリーはここで生まれたわけではない。

元々は道路を隔てた

向かい側の家で飼われていたのだ。

しかし、飼い主はラリーを

置き去りにしたまま

引っ越してしまったのである。

ラリーは、仕事でここを訪れる

トラックの運転手たちの

厚意にすがって生きていた。

お腹を空かせたラリーを見かけると

彼らは食べ物や

飲み物を分けてくれたのだ。

配達ルートでこの場所を通る

女性ドライバーも犬の存在に気が付いた。

犬のぐったりとして元気がない様子に

心を痛めた女性配達員は

インスタグラムで犬用の

アカウントを作ることにした。

その厚意がラリーの運命を

少しずつ切り開いていくことになった

犬に幸せが訪れるまで写真を公開し続けようと決意

ここを管理する造園会社の警備員は

駐車場をきれいにする義務がある。

ラリーのことは気にかけていても

放置されている水や餌の入った

容器を片付けなければならない。

ラリーはそうして飢えと孤独に耐えながら

数か月もこの狭い場所にいたのだ。

女性ドライバーは

何か自分にできることはないかと思案し

インスタグラムのアカウントを開設したのだ。

自分で飼うことはできないけれど

誰か親切な、犬好きの人が目にして

ラリーを保護してくれれば、と考えたのである。

その日が来るまで

毎日ラリーの写真を

投稿し続けるつもりだった。

 

動物保護団体の目に留まる

そしてその行動は

程なくして功を奏した。

動物保護団体 “Love Leo Rescue” の

会長であるサーシャ・エイブルソンさんの

目に留まったのである。

サーシャさんは地元の保護団体に協力を要請した。

また倉庫の警備員も

規則に縛られる立場ながらも

彼らに短時間だけ駐車場に入る許可をくれたのである。

幸いにも、彼らは与えられた

30分の間にラリーを

説得して車に乗せることができたのだ。

そして、2時間かけてロサンゼルスに

やってきたラリーはお腹一杯に食べ

身体の泥を洗い落とし

暖かい寝床で眠ることができたのである。

体がボロボロになっていたラリー

だが、これで「めでたし、めでたし」となったわけではない。

ラリーの身体には

明らかにおかしな部分があるのが見て取れた。

何ヶ月もの間まともに食べていなかったにもかかわらず

お腹が膨れ上がっている。

脚には毛のない部分が所々あり

また、歩くのにも困難を覚えているようだった。

動物病院での検査の結果

ラリーはクッシング病を

患っていることが判明した。

脳下垂体の良性腫瘍に

よって引き起こされる症状だ。

ラリーは不安げで気難しく

動作は緩慢だった。

また、特に犬に対して反応が鋭く

他の犬たちと一緒に

暮らすことができるかどうかが危ぶまれた。

しかし、保護団体の人々は

病気の苦痛による表面的な

気難しさの裏にはなつこい可愛い気性の犬が

隠れていると信じて希望を持ち続けたのである。

保護された時には

悲しげな表情を見せながらも

尻尾を振ったのだから。

本当は人懐っこかったラリー。

仲間を受け入れ始める

一月半の入院によって

膨らんだお腹が小さくなるにつれて

ラリーの本来の性格が表に出てきた。

突如として社交的になったラリーは

他の犬たちと

一緒にいたがるようになったのだ。

そこで、より長く外で過ごせる

デイケア施設に移されたのである。

いつか里親に巡り合えるために

ラリーの容態は安定し

毎月の投薬でコントロールできるようになった。

そこで、里親探しが始まったのだが

これが難航している。

ラリーの抱えているハンデのためだ。

「毎月医療費がかかる犬を引き受けようという人は

まあ、多くはありません」

とサーシャさん。ラリーの薬代は

月々180ドル、2万円強になる。

「さらに、ひとりにされることを嫌がります。

遺棄された過去のことを思えば

ラリー自身のせいではないのですが」

これまでに三度、ラリーは里親の元に

トライアルに出かけたが

三度とも戻されてきた。

不運が重なったのだ。

ラリーは初対面の人に対して

文字通り身体を押し付け、頭を撫でて

耳をかいて、とせがむ。とても愛情深く

人懐こいのだ。また、もう若くはないが

その足取りは元気一杯で

散歩が大好きであるらしい

また人を信じたいと

願っているラリーに

幸せが訪れますように

嫌な経験や、捨てられたことを

忘れることができず

一生その傷を抱えていく犬もいる。

しかし、ラリーはは過去に

受けた仕打ちにもかかわらず

人間に恨みを抱いてはいないようだ

とサーシャさんはいう。

「ラリーは楽しく、快適に暮らしています。

ただ、自分のためにそこにいてくれる人が

ほしいだけなのです」

ラリーの里親はまだ募集中だ。

今度こそ、いつまでも

一緒に暮らせる人が見つかりますように。