「この痴漢!」疑われた男性が誠実に対応!これにはぐうの音も出ない…!

衝撃, 話題

「この人、痴漢です」

先日、横浜市青葉区の東急田園都市線青葉台駅で、

乗車していた電車で痴漢行為を疑われ、

駅員に取り押さえられた男性が、電車にはねられて

死亡したという事故がありました。

当然、痴漢は決して許される行為ではなく、

勇気を振り絞って声を挙げた女性は本当に素晴らしいと感心しますが、

それがいくら冤罪だったとしても、

線路に逃れるという行為はいかがなものでしょうか。

そんな痴漢に関するエピソードをTwitterユーザーの

ラピス(@lapis1127)さんが投稿して

話題となっているので、ご紹介します。

特に朝の通勤ラッシュの時間帯だと、

よく見かける光景だとは思いますが、ヒステリックな声で

「この痴漢!」と怒鳴る女性に対して、

否定をし続ける男性に遭遇します。

この後の、男性の対応に注目してほしいのですが、

どのようなものだったのでしょうか。

続きをご覧ください。

左手は吊革、右手にはスマホを持っている、

この状況から考えると、この男性は痴漢を行える状態では

ないように感じますが、さらに冷静に話を進めています。

「貴女が痴漢で訴えるなら私は名誉毀損で訴えるつもりです」

実際に、それがたとえ冤罪だったとしても、

痴漢行為で捕まってしまえば、ほとんどが有罪判決に

なってしまうということもあり、男性はもしも痴漢で

訴えるのであれば、名誉毀損で訴えると話したそうです。

その後はどうなってしまうのでしょうか?

普通であれば「痴漢行為で訴える」と

女性側から宣告を受けたら、

大概の男性は、それに身に覚えがなくても

怯んでしまうものですが、逆に「名誉毀損で訴える」と

男性側が言うと、そのまま何もなかったかのように

わってしまったそうです。

これが果たして、適切な対処なのかどうかは分かりませんし、

男性が本当に痴漢を行ってないとも言い難いですが、

線路に飛び込んでひとつの尊い命を粗末にして

しまうよりは余程マシなのではないでしょうか。

そして、何よりも、痴漢行為がなくなれば、

こういったエピソードも消えていきますので、

魔がさしたからといって、決して行わないでくださいね。