「さよならお母さん…ボクはおりこうじゃなかったの?」保健所で殺処分される”犬”の尊い命が”年間31万匹”も存在する理由と、最期の想い。

泣ける, 知って欲しい事, 話題

ペット。

犬、猫に限った事ではありませんが、

最も代表的なペットですね。

皆さん、一年間にどれくらいの

犬や猫が殺処分されているかご存知ですか?

世の中には数え切れないほどの犬や猫がいます。

そんな犬や猫の中でも、

幸せな生活をしているのは、

ほんの一握りにしか過ぎません。

その一握りから溢れてしまい、

行き場を失った犬や猫は

『殺処分』

という方法で処理されてしまいます。

その数は、なんと

”年間31万匹”にも登ります。

この数は、

「1日に約800匹」

「約100秒に1匹」が

ガス処理などで

”殺されている”ということです。

信じられない数なのです。

では、なぜ犬や猫が行き場を失い、

殺処分されてしまうのでしょうか?

その理由の大半は、

人間のエゴによるものでした。

保健所や動物愛護センターに

持ち込まれ、飼育放棄される

理由には信じられないような

理由が多くあるそうです。

それは、

・引っ越しをするから

・ペット不可の住宅で大家に見つかったから

・老犬で面倒見きれないから

・子供がアレルギーだから

・トイレを覚えないから

・かわいくないから

・子供が飽きたから

この人間の身勝手な理由と、

都合から他にも信じられない

事例が数多くあるようです。

動物を飼う以上、最後まで

面倒をみるのが常識であり、

「命を預かる者」としての

責任ですが、上記のような

無責任な理由により、ペットを

手放す飼い主が多いのが現状。

また、保健所や動物愛護センターに

「ペットショップ」や「ブリーダー」

など、動物取扱業者が在庫処分の

ために持ち込む事もあるそうです。

法律上では、動物取扱業者が

動物を持ち込むことは違法ではないため、

長年問題視されることはありませんでした。

ですが、2009年12月に

兵庫県尼崎市のブリーダーの実態が

明るみに出て、ニュースなどで大きく

取り上げられました。

これらの理由により持ち込まれた

ペット達は一定期間保管されます。

ただ、だからと言って安楽ではありません。

自治体により保管期間は様々ですが、

一般的には3日~7日程度で

やはりガス処理されてしまうようです。

また、老犬やほとんどの猫は

貰い手が見つからないことが多く、

里親募集の対象にもならず

殺処分されてしまう場合も。

人間社会に最も身近な動物である犬や猫を、

人間の一方的な都合で処分しないと

いけないことから、その全てを

受け入れて対応しなければいけない

職員の精神的苦痛が非常に大きいことも

問題となっています。

そして何より、殺処分は決して

ペット達にとって楽なものではありません。

多くのペット達は、

「安楽死」ではなく、

「二酸化炭素による窒素死」

で処分されます。

この方法は死に至るまでに

最低でも5分以上の時間を

要することから、動物達は

苦し悶える姿もあるそうです。

そうして処分されたペット達は、

焼却炉へと落とされ焼却。

遺灰は産業廃棄物として廃棄されます。

このような悲しい

『殺処分』をなくすために、

私たちは何をするべきなのでしょうか?

《最後まで共に生きると決意する》

ペットを飼うということは、

死ぬまで彼らの世話をする決意が必要です。

「”今”可愛いから」

「なんとなく欲しいから」

など容易な理由でペット飼うことは

絶対に止めましょう。

犬や猫は10年以上生きます。

人間同様にどのように成長するかは

わかりませんし、歳をとれば病気になり、

寝たきりになるかもしれません。

それでも彼らを手放さず、

共に生活する”決意”が必要です。

《避妊手術》

可愛い犬や猫にも、子供を産ませて

あげたいと思うのは当然かもしれません。

しかし先のことを考えず、

繁殖させることは絶対にやめましょう。

犬や猫は種類によりますが、

10匹近くの子供を産みます。

この10匹近くの子供の行く先を

しっかり決めていないのであれば、

繁殖は避けるべきです。

《保健所へ持ち込まない》

飼えなくなったからと、

容易に保健所には持ち込まないでください。

保健所の犬や猫の返還、譲渡される

可能性は10%を下回るのだとか。

ほとんどの犬や猫は殺処分されることになります。

もし、あなたの周りにペットを

保健所に持ち込もうと考えている

人がいるのなら、処分の現状を、

この事実をお伝え下さい。

その尊い命が自分のエゴにより

殺されるという事実を。

少しでも、この事実を拡散して頂きたい。

また、これからペットを飼おうと考えの皆様へ。

自分は責任のある飼い主とし、

命が尽きる最後までペットの飼育を

続けることができるのか、

飼う前によく考えましょう。

しっかり『命の責任』と『覚悟』を

もつことが大事です。