歴史から忘れ去られていった猫の偉業…初めて宇宙に飛び立った「フェリセット」の知られざる歴史そこには驚愕の新事実が・・・

知って欲しい事, 衝撃

1963年10月18日

フランス国立宇宙研究センターでは

フェリックス(Felix)という

小さな猫を宇宙へ飛び立たせる

手はずを整えていた。

だが打ち上げ当日

気まぐれな猫

フェリックスはその姿をくらましてしまったのだ。

そして偶然にも別のヒロインが

宇宙へ打ち上げられることになる。

その子の名はフェリセット(Felicette)といった。

猫として初めて宇宙に行き

無事戻ってきたフェリセット

「アストロキャット」の愛称で呼ばれた白黒の猫は

パリの通りでの暮らしから

それまでどんな猫も到達したことがない高さへと辿り着いた。

1963年10月24日、

ェリセットはフランス製液体燃料ロケット

「ヴェロニクAG1」でアルジェリア

サハラ砂漠の高度209キロの上空に打ち上げられた。

それから15分後に帰還し

母国の英雄として勲章を授与された。

彼女の着陸後、航空医療研究教育センター

で働くフランスの科学者たちは

その旅の前後で変化があるかどうか

フェリセットの脳波を調べた。

その結果やフェリセットの最終的な

運命について多くは知られていないが

CERMAは彼女が「研究に価値ある貢献」

を果たしたと発表している。

歴史から忘れ去られていった猫の偉業

残念ながらフェリセットの物語は

時間の砂の中に埋もれてしまった。

欧米世間は犬社会で

何より犬の業績を重視する。

ゆえにその犠牲者とも言えるのかもしれない。

また、宇宙開発競争でさしたる

記録を残せなかったフランスの地位もまた

その理由を説明するだろう。

宇宙開発の歴史に詳しいロバート・パールマン氏は

それを「歴史展開の問題」と話す。

人類を宇宙に打ち上げる試み。

究極的に月へと送り込む試みは

アメリカとソ連との競争だった。

アメリカとソ連が火花を

散らした宇宙開発競争において

人類が月へといたるその道の

地均しをしたのは勇敢な

犬や猿などの動物である。

科学者たちは動物を実験台に

生き物に対する無重力の影響を調べた。

動物が宇宙の過酷な環境でも

生存できるのならば

恐らく人間も大丈夫だろう。

少なくとも、そう想定されていた。

「犬のライカは、人類として初めて宇宙へ行った

ユーリイ・ガガーリンや人類初の

宇宙遊泳を行なった

アレクセイ・レオーノフへと

直接続いています。

猿のエーブルとベーカーなら

ジョン・グレンやアラン・シェパードの

ようなアメリカ人として

初めて宇宙飛行を行なった

英雄たちへと続いています」

フランスにも素晴らしい

宇宙計画が存在したが

結局のところ自国製のロケットで

人を宇宙に送り込むことを追求しなかった。

「フランスは欧州宇宙機関のパートナーであり

直接NASAやISSと関連があります。

ですがフランス人宇宙飛行士の打ち上げは

通常ロシアやアメリカのロケットで行われてきました。

つまりフェリセットはより

大きな歴史へいたる道につながりませんでした」

再び猫が宇宙に打ち上げられるとき

ネズミのような動物は今でも宇宙に送られているが

現在では宇宙飛行の家畜動物への影響を確

かめる実験から大きな転換を見せている。

次に宇宙で猫を見るときは

人間が宇宙で暮らすように

なったときである可能性は高い。

「少なくとも短期的には

猫や犬が再び打ち上げられるかどうか分かりませんね。

動物実験の段階から宇宙における

人体の反応を調べる段階に移ったからです。

人間を宇宙へ送り

そこで1年以上滞在させるのです。

その意味で、動物の役割は終わっています」

「旅行やどこかへ行くために宇宙へ飛び立つ

家族を私たちが見送りに行くような

そんな時代が来たとき

そのとき私たちはペットをどうやって

連れて行くか考えるようになるかもしれませんね」

自身が「どちらかと言えば猫好き」と話す

パールマン氏は猫や犬を飼っていない。

それでも宇宙猫

フェリセットは彼自身の歴史の

1ページに特別な存在として刻まれているそうだ。

彼女の物語を語り続けることで

大抵の人よりも高く飛び立った

勇敢な野良猫に敬意を表すことができる。

そしていつの日か

どこかの惑星で人間が猫と

共に暮らす未来があるのかもしれない。

この記事が気にいったら、コメントしてね!!!