ペットショップ側が”客”に対しついた『大きな嘘』しかし、この嘘に多くの人が共感しています。

感動, 泣ける, 知って欲しい事, 話題

皆さん、ペットが飼いたいとき、

ペットショップへと足を運ぶ人が

多いかと思います。

そのペットショップで見た

愛くるしい姿に虜になってしまい、

購入を決意するのが一般的ですよね。

そんなペットが欲しくて向かうペットショップ。

そこに来たお客さんを欺くために

仕掛けられた”嘘”が素敵すぎると

今話題となっています。

場所はブラジル。

ブラジルといえば、

サンパウロ州で2008年に動物の

殺処分が禁止され、2014年に

動物実験禁止の法令が成立された

ということで一時有名になりました。

そのブラジルで大手ペットショップを

展開するQuatro Patinhasという

動物愛護団体が興味深い活動を行ったのです。

この活動で、ペットショップ全体で

行われた人道的な嘘により、

そこにいた動物たちすべてが

幸せになったのでした。

そこで行われた活動とは

一体どのような活動だったのでしょうか?

それはペットショップで売られている

ペットと、里親募集中の

犬・猫と入れ替えたのです。

そんな事を知らないお客さんは、

可愛い子犬や子猫を抱きしめ、

メロメロになっていますね。

このペットを飼いたいと申し出たお客さん。

しかし、ここにいるペットたちは、

全て里親募集中のイヌやネコたち。

事情を説明し、

”この子は里親を探しているので、

お金はいりません。”

と伝えると

お客さんはビックリしますが、

快く受け入れてくれるそうです。

里親募集中のペットであっても

可愛いと感じ、次々と受け入れて

いってくれる姿をみると、

人はペットショップからではなくとも、

保健所や施設で保護されたペットでも、

購入したのと変わりなく

愛せると確信できますね。

保健所や施設には多くの

ペットが収容されています。

しかし里親の見つからない動物たちは

『殺処分』という悲しい現実のみが

待ち受けているのです。

日本では、年間約20万頭もの

イヌやネコが殺処分されています。

ペットを飼いたい、

一緒に苦楽を共にしたいと

お考えの人がいましたら、

まず里親募集サイトを利用してみてください。

殺処分される命が

減ることを切に願っています。