大型トラック運転手の切実な叫びに同業者からは共感の声が多数!車間距離を十分に取る理由が明らかに!!

知って欲しい事, 話題

大型トラックの前後は運転しにくい?

一般道はもちろん高速道路など

運転をしていると、

大型トラックをよく見かけますよね。

自分が運転している場合、

大型トラックの後ろに並ぶと

信号や前の状況が見えづらく

嫌だなぁと思う方も多いと思います。

しかし逆にトラックが

自分の後ろにいる場合、

車間距離を大きくとっている

ことにお気付きですか?

そしてこれは、ただ単に車間距離を

あけているのではなく

意外な理由があるといいます。

車間距離を広く取る理由が明らかに!

普段トラックを運転していると言う、

ウエポン@未完成の歴史

(@uepon_zephyr)さん。

そんなウエポンさんがTwitterに

投稿した切実な思いが話題になっています。

ある日、ウエポンさんが

右折専用レーンを右折しようとした

直前に前に車が割り込んできて、

ブレーキをかけたために荷物が動き

2個破損させ、始末書を書くはめに

なってしまったそう。

今回の商品は、一斗缶だったので

中身が漏れなくて助かったそうですが

危険物であったり、お客様の大切な

荷物だったら大変なことになりますよね。

このことから分かるように、

荷物をトン数一杯に積んで

走っているとブレーキが

効かないといいます。

このようなことが過去にもあったそうで、

事故を起こさないように

車間距離保っているのであり、

決して車を入れさせる為ではないと言います。

この切実な訴えににネット上では、

・「運送業で軽自動車ですが宅配なので

重いものから軽いものまであるので

急ブレーキで荷物が潰れたことあります。」

 

・「同じ運転手として同意。

荷種によってだけど、落下で破損する衝撃…ヤバイ」

など、同業者の方からの

共感の声が多く寄せられました。

譲り譲り合いの心が事故を防ぐ!

普段ウエポンさんは自分の

トラック1.5~2台分ぐらい車間距離を

開けて走ることを心掛けているそうですが、

それでも足らない時があるのだとか。

もし皆さんが運転している時に

距離をあけてゆっくり走っている

トラックがいても、このような理由が

あると言うことを思い出して、

イライラせずに寛大な心でついて走ってくださいね。