空き家の中に置き去りにされた2頭の犬、絶望の中でみせたある仕草に涙がこぼれる。。。。

衝撃, 話題

アメリカ・ニューヨークを中心に活動している

動物保護団体『Guardians of Rescue』の元に届いた1本の通報。

それは数日前に引っ越したはずの隣家から、

夜な夜な犬の声が聞こえるといったものでした。

団体のリーダーであるフランキー・フロリディアさんと

女性スタッフを含む数人が現場に入ったとき、

あまりにも可哀想な状況に心が粉々になる思いだったと言います。

彼らが目撃したのは、空き家に置き去りにされた

オスとメスののピットブルだったのです。

置き去りにされた2頭の犬

部屋に入ったスタッフを待ち受けていた、

目を覆いたくなるような光景。

がらんとしたフローリングの上で絶望のあまり表情を失った

オスと、ケージに入れられたままの状態でこちらを見つめるメス。

床や壁は犬の排泄物で汚れ、強烈な臭いが部屋中に漂っていました。

そんな状態の中で、この2頭は何日も放置されていたのです。

すぐに助け出してあげたいのはやまやまですが、

この2頭がどんな飼い主からどんな飼育を受けていたかが

分からない以上、むやみに近づくことができません。

何が刺激となり、攻撃されてしまうかがわからないためです。

フランキーさんは2頭にそっと声をかけながら、ゆっくりと近づいていきます。

置き去りにされた犬が見せた仕草

そっと声をかけながら近づいてくるフランキーさん。

するとオスのピットブルが、力なく尻尾を振りながら

リーダーの足元にすり寄ってきたのです。

飼い主に見捨てられるという、犬にとってもっとも悲しい

虐待を受けたにも関わらず、2頭のピットブルは

攻撃するどころかスタッフを受け入れました。

放棄されていた2頭の犬たちの命が助かったのには、

大きく2つ理由があります。

1つは、放棄されていたのが数日間だったこと。

もう1つは、部屋の中に犬がいることを知っていた近所の住人が、

窓からご飯を投げ入れていたことです。

ケージの位置がちょうど窓のすぐ下にあったことも

功を奏したのかもしれません。

もし、雨戸がある家だったら、犬の声も聞き届けられず、

ご飯も与えられることもなかったことでしょう。

2頭のその後

幸いにも命拾いしたオスには『マックス』、

メスには『スカイ』と素敵な名前が付けられました。

とても優しい気質の2頭は離れ離れになってしまいましたが、

それぞれ里親さんに引き取られ幸せに暮らしているそうです。

今回、マックスとスカイを無事に救助した動物保護団体の

リーダーは、次のように語りました。

「動物は言葉を話すことは出来ない。

飼い主から捨てられた犬たちの声を私たちが代わりに伝えていきたい。

2匹が無事で本当に良かったよ。とてもやりがいを感じています。」

犬は目や尻尾や体の動きを通して、

多くのことを私たちに語りかけています。

その言葉をしっかりと感じ取ってあげる責任が

飼い主を始めとする人間にあるはずです。

犬の言葉を理解できない無責任な飼い主が

いなくなることを強く願います。