この世を去った後も飼い主を慕い続け、その墓を守る1匹の犬が多くの人の心を揺さぶる。。。。

悲しみ, 感動, 泣ける, 衝撃, 話題

トルコにて。亡くなった飼い主を慕い続け、

その飼い主の墓を守る1匹の犬が話題になっています。
 
トルコでは死後遺体は土葬されます。

この犬は土の中に埋まっている、高齢で亡くなった

主人の棺を守り抜くため、

彼が眠る墓のもとに日々通い続けています。

老人と犬の特別な絆

2017年1月中旬、トルコに暮らす

「メフメト」という老人が現地の病院で亡くなりました。

79歳でした。メフメトさんは「セザー」という犬を飼っていました。

麻痺を患っていたメフメトさんは、

2年間をともに過ごしていたセザーと

特別な絆で結ばれていたといいます。
 
メフメトさんを看取った息子アリさんの話によると、

メフメトさんが病院で危篤状態に陥ったとき、

飼い犬のセザーは何かを感じ取ったのか、

食事を一切摂らなくなったそうです。

そして遺体が彼の自宅に到着したときは、

棺をひとときも離れることなく寄り添っていました。
 
セザーが周囲に示したメフメトさんへの愛は

それだけにとどまりませんでした。

セザーは葬儀でモスクに運ばれる棺の行列の先頭に立ち、

参列者たちを導いたのです。

出典:www.boredpanda.com

セザーはメフメトさんが無事に埋葬されるまで、

たとえ親族と言えども彼に触れることを許さなかったそうです。

そしてすべてを見届けたセザーは、悲しみにふさぎこんでいました…

朝一番の墓参りが日課に

メフメトさんを守り抜こうとするセザーのひたむきな行動は、

そこに居合わせた誰もが感嘆しました。

更に驚くことに、葬儀から5日間毎日、

連れ戻しても連れ戻しても、セザーはメフメトの墓に

戻って行ってしまうのでした。

そして現在もセザーは毎朝亡き主人の墓を訪れ、挨拶を交わしています。

出典:www.boredpanda.com

これは当初、メフメトさんの息子アリさんですら

気づかなかった習慣で、墓地で働く人々だけがセザーの

朝一番の仕事を静かに見守っていたのです。

それを知ったアリさんはセザーのあとを追い、

父親とセザーの朝の挨拶に一日だけ特別参加をさせてもらうことにした。

アリさんはセザーのことを

「どんなときも誇り高い犬だ」と語っています。
 
今後は亡き父親を支えてくれていた

セザーとともに暮らしていくそうです。