売れ残った片目の子犬。子供たちが、どうしても飼いたがった「ある理由」に感動。

泣ける, 衝撃, 話題

あるペットショップでは、

片目しかない子犬が販売されていました。

この子犬の名前は「シャイナー」。

片目のシャイナーは、誰にも迎え入れてもらえませんでした。

そんな時、ある子供たちがこの子犬を見て

「飼いたい!!」と申し出たのです。

しかも、他の犬ではなく片目を失っている

子犬を飼いたいと言っているのです。

なぜ子供たちは、片目を失っている

子犬を飼いたいと言ったのでしょうか?

それは、子供たちの思いやりを感じるには十分すぎる理由でした。

子供たちの父親であるジョーダンさんは、

15歳の時に左目を失明してしまいました。

そんなジョーダンさんは、

「ペットショップでは完璧でないと誰も見向きもしない。

だけど、どのように見えるかなんて関係ない」

と言います。

子供たちにも、ジョーダンさんの考え方が伝わっているのでしょう。

そして片目こそありませんが、

ャイナーはとても可愛い魅力のある犬なのです。

ジョーダンさんの見た目は関係ないという考え方は、

子供たちに大きな影響を与えているのでしょう。

数ある犬の中から片目がないシャイナーを選ぶ子供たちは、

ジョーダンさんのことを尊敬しているに違いありません。

写真から家族の仲の良さが溢れていますね。

ジョーダンさん一家とシャイナーは、

ハンデをもろともせずに仲良く幸せに暮らしています!^^

この記事が気にいったら、コメントしてね!!!

泣ける, 衝撃, 話題