エアガンで撃たれた子犬は体内にもBB弾が… 驚異の回復を見せ、新しい飼い主の元へ。。。。

怒り, 衝撃, 話題

2016年2月、アメリカ・カリフォルニアで

生後約6ヶ月の子犬がエアガンで18発ものBB弾を

撃ち込まれるという事件が発生しました。

出血多量の状態で発見され、すぐさま動物病院に運ばれます。

エアガンで打たれる

エアガンで撃たれた子犬が動物病院に運び込まれると、

担当獣医はすぐさま鎮痛剤と点滴で治療を開始します。
 
病院スタッフはこの子犬に「ブロディ」と名付けました。

出典:www.myrtlebeachonline.com

レントゲンの結果、ブロディの体内には18発もの

BB弾が残っていることが判明します。

また調査の結果、飼育放棄されていた子犬であることも分かり、

身体的にも精神的にも深く傷ついている状態でした。
 
次のページにはレントゲン写真を掲載しています。

痛々しい写真ですので、閲覧にご注意ください。

新しい里親も決定

ブロディが運び込まれたときのレントゲン写真がこちらです。

出典:www.myrtlebeachonline.com

病院スタッフの懸命な治療を受け、

ブロディは少しずつ回復していきます。

警察の発表によると、14歳と17歳の少年ふたりを逮捕。

またこの動物病院には多数の問い合わせがあり、

無事にブロディの新しい里親も見つかりました。
 
悲惨で心苦しいニュースでしたが、最後はハッピーな結末で一安心です。

たくさんの愛を受けて、幸せな生活を過ごしていってほしいですね!

この記事が気にいったら、コメントしてね!!!

怒り, 衝撃, 話題