愛犬がみるみる弱っていく姿に飼い主は安楽死を決意…しかし犬が弱っていった原因は意外なものだった!?

びっくり, 衝撃, 話題

原因不明の病気にかかった犬がみるみる弱っていく…その原因は?

ペットが体調不良に苦しんでいる姿を見ると、

飼い主としても心が苦しいですよね。

言葉が話せないからこそ、何とかしたくても

どうすれば良いのかわかりません。

アメリカのオレゴン州に住んでいるアルさんとジョエルさんは

シェットランドシープドッグのオーリーを飼っています。

このオーリーは10歳になっても大きな病気もせずに元気に過ごしていました。

そして飼い主さんとオーリーはキャンプに行ったのですが、

その帰りにオーリーの体調が悪そうなことに気がつきます。

ここから飼い主さんの苦悩が始まるのですが、

そこには驚きの事実がありました。

弱まっていくオーリー…その原因とは?

元気のないオーリーを心配したアルさんと

ジョエルさんは動物病院へ連れていきますが、

検査をしても原因が全くわかりませんでした。

むしろオーリーの体は健康そのもの!

それでもオーリーは日に日に体が衰弱していってしまいます。

走り回ることも飼い主さんとも遊べないオーリーは

毎日苦しみながら過ごしていました。

この姿を見たアルさんとジョエルさんは

「このまま苦しみながら死を待つより、

今ここで安楽死をさせて苦しみなく

楽にしてあげるのがオーリーのためでは?」

と考えます。

そして飼い主はオーリーを安楽死させるという決断をしました。

そしてオーリーを安楽死させる日、

動物病院ではその準備をしており、2人はオーリーの

不安を取り除くために耳の裏を触ったその時…。

2人は小さな塊のようなものを見つけます。

その塊を獣医が調べた結果、その正体はなんとダニ!!

実はこのダニの唾液には毒があり、

オーリーはこの毒によって神経が麻痺する

「ダニ麻痺症」に掛かっていたのです。

ただちに安楽死は中止になり、オーリーの体に残った

ダニを徹底的に排除するために毛を全部刈ってダニを駆除しました。

その10時間後にはオーリーは立ち上がって歩けるようになり、

すっかり回復したんだそうです。

あの時飼い主さんが耳の裏を触らなかったら…

と思うと本当に奇跡が起こったんだなって思いますね!

オーリーも飼い主さんも幸せな結末を迎えられてよかったです!

この記事が気にいたら、いいねしてね!!!
  友だち追加