『実話』事故で3人の子どもを亡くした夫婦に1年後…奇跡の天使が舞い降りた!

衝撃, 話題

事故で3人の子供を亡くすという

想像する事すら悲しい事故。両親の絶望は・・・

しかしこの両親は前を向く事をあきらめませんでした。

の結果、素敵な奇跡がまいおります。

前向きに生きる事をあきらめなかった

命も幸せな瞬間も儚いもの。

悲しすぎる・・・

そう思い知らされる出来事がコーブル家を襲いました。

ロリ・コーブルさんには3人の子どもがいました。

5歳になったばかりのカイル君、4歳のエマちゃん、

2歳のケイティちゃんです。

その日はカイル君5歳の誕生日祝いに、ロリさん、

おばあちゃん、兄妹3人の5人で遊園地へ行ったのです。

父親のクリスさんは仕事のため参加できませんでした。

5人は遊園地でたっぷり遊んだ後、

車で帰宅途中渋滞に巻き込まれまれたのです。

カイル君とエマちゃんは遊び疲れて寝ていましたが、

ケイティちゃんだけが眠れずにいたので、母親のロリさんは

ケイティちゃんをくすぐって遊んでいたのです。

この時の娘の笑顔が最後になるなんて思ってもみなかったでしょう。

突然後ろからトラックが衝突してきたのです!

子どもたちが乗っていた後部座席はグチャグチャです。

前に乗っていたロリさんもおばあちゃんも意識不明。

子どもたちは3人とも重体で病院へ運ばれたのですが、

エマちゃんとケイティちゃんはまもなく死亡が確認されたそうです。

カイル君だけが生きてはいたのですが、助かる見込みはほぼない状態でした。

仕事中の父クリスさんに衝撃的な連絡が入り、

すぐさま病院に駆けつけました。

父親「待っていたのは残されたカイル君の死を見届けることだったのです。

生命維持装置を外さなければならない事態に、

まだまだ現実を受け入れられないクリスさん。

『カイルの心臓がゆっくり止まっていくまで

僕のこの手をカイルの胸に置いておいたんだ』

そうクリスさんは悔しそうに振り返っています。

それからしばらくして、ロリさんは意識が戻り回復したそうですが、

意識が戻った時のショックは相当なものだったと思います。

笑顔を見せていた子どもたちが3人とも

突然亡くなってしまったのですから。

受け入れがたく、現実を信じられない二人でしたが、

3人がそれぞれに眠る小さな棺を目の前にすると現実味が

強くなり受け入れざるを得なくなったのです。

心の痛みは相当強いもので、近所の子供たちの

声さえ聞けない状態だったそうです。

近所の子供たちの声が聞こえてくると奥の部屋へ逃げ込み、

ハロウィンになると近所の子供たちが

来るのを避ける為に別の街へ逃げ出したのだといいます。

何度も自殺を考えたといいます。

死ねば子供たちにまたあえるんじゃないかと。

でもクリスさんとロリさんは約束を交わしました。

『絶対に自殺はしない』と。そして3ヶ月後、決断したのです。

ずっとこのまま塞ぎ込んでてはいけないと。

クリスさんロリさん夫婦は子供を作ることにしたのです。

それからしばらくして人工授精で妊娠することに成功。

事故からおよそ1年がたった頃、奇跡が起きたのです!

なんと生まれてきた赤ちゃんは三つ子だったのです!

更に男の子1人、女の子2人だったのです!!

これにはロリさん夫婦も驚きを隠せませんでした。

これは神様からの思し召しだと思ったと話しています。

ようやく明るい生活を取り戻せたコーブル一家ですが、

亡くなった3人の子どもたちのことを忘れたわけでは決してありません。

3人の写真はずっと家の中に飾っていて、

三つ子たちにもカイル君、エマちゃん、ケイティちゃんの

話は聞かせているのだといいます。