夢を与えるという「任務」… サンタクロースの腕の中で息を引き取った5歳の男の子に胸が締め付けられる

びっくり, 泣ける, 衝撃, 話題

アメリカ・テネシー州カリービルに住む

エリック・シュミット・マツンさんは、

「サンタクロース」として公式に活動をしています。

彼はサンタクロースとしての専門の研修を受け、

年中イベントに引っ張りだこの人気者です。

そんな彼に急な依頼が飛び込んできました。

急な依頼が飛び込む

ある日、エリックさんの元へ、急な依頼が舞い込んできます。

しかも事態は切迫していました。

依頼の電話をかけてきたのは、地元の病院に勤める

顔見知りの看護師でした。
 
その依頼とは、入院中の5歳の男の子が

「サンタクロースに会いたい」と言っているので、

すぐ来てもらえないかというもの。

「とにかく急いで」ということだったので、

エリックさんは衣装に着替える暇もなく、

サンタクロース用のサスペンダーだけをして病院に駆け付けました。

出典:www.knoxnews.com

病院では、男の子の家族が待っており、エリックさんは

「これをお願いします」と母親からプレゼントのおもちゃを渡されました。

「僕はもう助からない」

その後、エリックさんは男の子と面会します。

お母さんから預かったプレゼントを渡すと、

男の子はかすかに微笑みます。

しかし直後、「僕はもう助からないんだ」と漏らすのでした。

そこで、エリックさんはサンタクロースとしてこう声をかけます。

向こうに行ったらみんなに、

「僕はサンタの一番のお気に入りの妖精だった」と言うんだよ。

そうしたら仲間に入れてくれるから。

出典:www.facebook.com

その言葉を聞くと、男の子は抱きついてきて、

「サンタさんに、お願いがあるんだけど」とつぶやき、

そのままエリックさんの腕の中で息を引き取ったそうです。
 
部屋の外で見守っていた母親は泣き叫び、

エリックさんは言葉もなく、男の子を抱きしめ続けました。

軍隊にいたこともあり、エリックさんはこれまで

何度か人の死に立ち会ってきましたが、

そんな彼でも今回は動揺を隠せず、

その日の帰り道は涙が止まらなかったといいます。
 
心が折れそうになりながらも、この後にもうひとつ

サンタとしての仕事をこなし、子どもたちの笑顔に助けられ、

改めて自身が果たす役割について深く認識したそうです。
 
この出来事は多くの海外メディアでも取り上げられ、

人々の悲しみと涙を誘っています。

この記事が気にいたら、いいねしてね!!!
  友だち追加