伝説の柔道家・三船久蔵の身のこなしがすごい!

びっくり, 衝撃, 話題

三船 久蔵(みふね きゅうぞう)

三船 久蔵(みふね きゅうぞう、1883年(明治16年)

4月21日 – 1965年(昭和40年)1月27日)は、日本の柔道家。

段位は講道館柔道十段。大日本武徳会柔道範士。

身長159cm、体重55kg。小柄な体型ながら

「空気投げ」などの新技をあみ出し、1945年(昭和20年)

最高位の十段を授けられ「名人」の称を受ける。

「理論の嘉納、実践の三船」といわれ、

柔道創始者である嘉納治五郎の理論を実践することに力をいれたことから

「柔道の神様」とあがめられた。

現在、出身地の岩手県久慈市に三船十段記念館が建っている。

そんな、彼の映像が残っていたのでご紹介します。

確かに自分よりはるかに大きい人をスイスイと身をかわして投げる姿はさすがです!

柔道10段って故人も含め12人しかいないみたいです!