山奥で脱輪してる車発見。俺「よかったら引っ張り出しましょうか?」相手「お願いします。」しかし、助けてる途中気が変わって元に戻してやったw

ムカツク, 衝撃, 話題

ずいぶん昔のまだポケベルが出始め位の頃

東北の某県の山奥で

左側の前輪が側溝にはまって

立ち往生した営業車のバン

(社名と電話番号入り)

を見つけました。

乗ってたリーマン2人に

声をかけたら、遠方の客先から

帰る途中で県道から外れて

道に迷ってしまいどこに

いるのかわからなくなり

引き返そうとして狭い道を

切り返ししてたら側溝にはまって

途方に暮れてたとのこと。

県道からは相当奥に入ってて

ふだんはめったに車の通らない場所。

当時の私の愛車はジープで

趣味は悪路のクロカン走行だったので

ウインチ装備で大型ジャッキやロープは

常時クルマに積んでいました。

よかったら引っ張り出しましょうか?

と聞いてみると、

2人は大変喜んで

ぜひお願いします。

とのこと。

それでは、と私が愛車の

荷台から道具を出すべく

ガチャガチャとやってる横で、

2人は。。。。

中年「いやー、どうなることかと

思ったけどな、助かったな。」

若い方「公衆電話ないから

JAFも呼べないですしね。」

などと話していました。

この時、中年がタバコを

取り出して吸い始めたので

私は少々カチンときたんですが、

黙ってました。

でも、ジャッキをおろして

かける場所を探して

バンの下を覗いている時に

中年「しかしまあ、

だせークルマだけど

こんな時だけは役に立つんだなw」

若い方「やめて下さいよ、

助けてもらうのに

何言ってんですか(焦)」

中年「大丈夫だよw」

てな小声の会話が聞こえて

私は気が変わりました。

無言でジャッキを荷台に戻して

「気が変わった。

自分たちでなんとかしてね。」

と二人に言って

ジープに乗り込みました。

ちょっと待ってくださいよ

とか言って慌ててる二人に

「だせークルマでゴメンねー(^^)」

と言って、帰ってきました。

家に帰ってから、

バンの車体に書いてあった

会社の電話番号に電話して。。。。

「脱輪してるおたくの会社の

クルマを助けようとしたら

こんな態度でこんなコトを言われた。

どういう社員教育してるんだ。」

とクレームを入れておきました。

でも、もちろん場所は

教えませんでした。

DQN返しではありますが

ちょっとスッキリした出来事でした。