社長『焼肉でも行くか』ゆとり『いいっすね』しかし、ゆとりが頼んだ飲み物や食べ物が有り得ない物ばかりだったww更に会計で、ゆとり『1人5,600円お願いします。』全員『….』

びっくり, 衝撃, 話題

社長『焼肉でも行くか』ゆとり『いいっすね』しかし、ゆとりが頼んだ飲み物や食べ物が有り得ない物ばかりだったww更に会計で、ゆとり『1人5,600円お願いします。』全員『….』

給料も出たしみんなで

焼き肉でも食いに行くかって

ことになって、 いつもは

あんまり飲み会に来たがらない

ゆとりも、

「焼き肉いいっすね」

なんてノリノリ

ところが言ってみたら酷かった

まず焼肉屋につくなり

ゆとりが頼んだのは、

ま さ か の 烏 龍 茶

これには社長もタジタジ。

定員さん苦笑い

ワイは冷や汗かきながら

「いや、全員分ビールね」

とすかさず訂正の有能ぶり

(次はちゃんと注文しろよ)と目配せして

その場はなんとかなったけれど

つぎに注文したのが ・・・

ま さ か の 上 タ ン 塩

さすがの俺もこれには切れた。が、

「おい、最初はキムチセットだろ」 

と優しく諭して事なきを得たわけよ

なんで焼肉屋で

こんな思いをしなきゃ

いけないんだと思いながら

ようやく乾杯したと思ったら

ゆとりが食べ始めたのは

ま さ か の オ イ キ ム チ

さすがの社長も笑いながら

「いやー、白菜のキムチ

なんて久しぶりだな~」

なんて言うのを聞いて

ようやくゆとりも理解

恐縮してたけど遅いんだよね

でも、焼き肉だし汚名回復の

チャンスは未だあると思って

肉の注文させたら新人が頼んだのは ・・・

ま さ か の 上 カ ル ビ 

おいおいここは松屋かと

もう仕方ないからおれも

店員さんに言って、

もうあいつの注文は聞くなと

肉焼くくらいはできるだろうから

注文は俺が言うよと

どうせ肉の部位なんて

ゆとりにはわからんだろうし

焼くだけならなと思って

まあちゃんと上ロース上ハラミと

特上タン塩がやってきたわけよ

「焼いてもいいですか?」

なんて殊勝なことを言うから

「いいよ」

と少し安心して返すと

ゆとりが網の上に肉を載せたなんと

ま さ か の 強 火の上にだ

社長もドン引きして

「おいあいつ俺をコロす気なのか?」

って俺に耳打ち

まあさすがに

「それはないと思いますよたぶん」

ってフォローしておいたけど

失った信用は取り戻せない

それでも追加でみんなで

冷麺でも食べようってなった時に

新人が注文したのは

ま さ か の 石 焼 ビ ビ ン バ

これでさすがの俺も

ミノ危険を感じ始めたわけよ

最後は俺も社長も疲れたし

解散ってことになったんだけど

別れ際にゆとりが放った

一言がすごかった

「ひ と り 5 6 0 0 円 

お ね が い し ま す」

まあゆとりにはゆとりなりの

論理や道徳があるのかもしれないけど
ちょっとでいいから
常識ってものを考えて

ほしいなと思ったわ

そして二度とゆとりは雇うまいと決めた

社長のメールが悲しかったわ
一部のゆとりが若者の未来を
奪っているんやなぁと
実感したわ。。。。