息子が父親の墓を訪れたとき、飼い主の墓で悲しみ犬が。心が痛む光景だった。

泣ける, 衝撃, 話題

トルコに住む犬、ゾゾの物語は動物にも

深い感情があるということを証明しています。

2014年2月に飼い主が亡くなって以来、

ゾゾはずっと元気がありません。

ゾゾは飼い主の家族に引き取られましたが、

悲しみに暮れているのは誰の目にも明らかでした。

ある日、亡くなった父親の墓を訪れた息子はこの光景を目にしました。

できるだけ近くにいたいのか、ゾゾは亡くなった

飼い主の墓の上に横たわっていたのです。

飼い主の死後もこの犬は忠犬でした。

故人の息子とゾゾはこの墓を以前一緒に訪れたことがありましたが、

以来ゾゾは降っても照っても毎日彼の大好きな人間の眠る場所に通っていたのです。

彼にとってどれだけ大切な存在だったのか!

彼は今までの感謝の気持ちと尊敬の気持ちを重ねて

お墓に寄り添っていたのかもしれません

死者に大して最大限の尊敬を伝えてくれる犬に

私達も学ぶことが多くあると覆います

この記事が気にいったら、コメントしてね!!!