血液型別病気リスクとは?血液型によって発症しやすい病気を発症したさいの注意点が分かります!

診断, 話題

血液型によってなりやすい病気がある!?

我々日本人は、血液型診断や

血液型占いが好きですよね。

欧米(特にユーロ圏の人)では

信憑性が低いということで、

こうした血液型診断なるものを

信じている人が少ないです。

しかし、血液型別で発症しやすい病気、

発症しにくい病気があるということに関しては、

並々ならぬ関心を示していました。

国立遺伝学研究所が発表した論文に

よりますと、世界最古の血液型は

A型なんだそうです。

地域によって各血液型の人口比率に

ばらつきがあるのは、それぞれの

血液型が誕生するまでに

タイムラグがあるからかもしれません。

ちなみに私はA型なんですが、

A型は日本人の約4割を占めています。

また、A型は一番免疫力が弱いので、

一番病気になりやすいとされています。

日本における死亡原因のトップは、

ご存知のとおり「がん」です。

『 血液をきれいな状態に保つことが大切 』

統計によるデータはありませんが、

もしかしたらガン患者の間で最も多い

血液型はA型なのかもしれません。

ちなみに生涯でがんに罹患する確率は、

男性63%、女性47%となっていますので、

すでに、がんは2人に1人が

発症している時代に突入しています。

病気の原因の約9割が血液の状態に

よるものとされているくらい、

健康を維持するためにも血液を

良い状態に保つことが大切なんですが、

簡単そうで難しいですよね。

ということで今回は血液型別

かかりやすい病気となりにくい病気について

分かりやすく解説しているBUIさんの記事と

健康を維持するうえで血液をきれいに

することの大切さを説く斎藤一人さんの

動画をご紹介させて頂きます。

血液型別!かかりやすい病気の注意点

A型の多い病気とは!?

A型ルーツは『農耕民族』

旧石器後~新石器時代の中期、

人間が農耕・牧畜という新たな環境により、

穀物等の農作物を食べることで耐性が出来、

消化出来るようになったと言われています。

O型という説もありますが、

人類で一番古い血液型と言われています。

その1

がん(胃がん・食道がん・子宮がん・乳がん)
・要因(1) 胃がんの原因『ピロリ菌』

日本人のピロリ菌は90%以上が

『CagA(キャグエー)を作るタイプ』

『東アジア型』であることがわかっています。

このピロリ菌は注射器の様な管をもっていて、

胃の表面にCagAを注入し、その細胞が異常繁殖して

炎症を起こしやすくなります。

繰り返し炎症を起こすことで細胞ががん化しやすくなり、

胃がんのリスクが高まるのです。

 

・要因(2) 慢性感染症になりやすい

A型は細胞免疫を低下させる慢性の

感染症にかかりやすく、そのことが

がんを増殖させる要因の1つでは

ないかと考えられています。

その2

心筋梗塞・脳梗塞
・A型は血栓(血の固まり)が出来やすい

血栓が出来る要因の1つとしてストレスが上げられます。

A型は他人との調和を図るタイプの人が多く、

性格的に事物をストレスフルに受け取りやすい

傾向にあり、血栓の原因を作り出しやすいと言われています。

その3

エコノミークラス症候群(肺塞栓症)

■どんな病気?

エコノミークラス症候群とは、

旅行中(特に飛行機の中)に起こる

深部静脈血栓症に伴った

『急性肺動脈血栓塞栓症

(きゅうせいどうみゃくけっせんそくせんしょう)』

のことをいいます。これも血栓が原因の病気です。

 

■どんな時になりやすい?

飛行時間12時間以上のフライトの際や

PC作業で長時間同じ姿勢をとる際はお気をつけ下さい。

 

■なりにくい病気は?

まだ明らかになっていません。

A型は免疫力があまり高くありません。

他の血液型に比べて病気リスクが高めなのです。

B型多い病気

B型ルーツは『遊牧民族』

B型が最初に現れたのは紀元前

1万~1万5千年前頃の、白人種と蒙古(もうこ)

人種の混血種が住むインドやウラル地方で、

すぐにユーラシア大陸を支配していた遊牧民の特徴となった。

その1

膵臓がん
・米ハーバード大学の研究結果

ハーバード大学医学部の研究チームが

以下のような膵臓がんの発生リスクを、

発表しました。

一番膵臓がんになりにくいO型に対して…

A型:32%

B型:72%

AB型:51%

ダントツでB型のリスクが高いですね。

また、AB型も同じく高いので注意が必要そうですね。

その2

マラリア

日本にも棲息しているハマダラ蚊が媒介しますが、

『熱帯熱マラリア』での研究結果では、

B型が感染後最も悪化しやすく、

O型に比べて中枢神経がおかされるリスクが5.95倍、

多臓器不全に陥るリスクが4.81倍になるとのことです。

その3

肺の病気
・肺炎球菌

B型の性質をもつ細菌
・インフルエンザ(A1型)
インフルエンザの中でもA1型がB型を好むことがわかっています。

・なりにくい病気は?
・コレラ

東南アジアにおいてはマラリアに強いO型と

コレラに強いB型が多く、弱かったA型は

淘汰されたのではないかと言われています。

O型多い病気

O型ルーツは『狩猟民族』

A型という説もありますが、

O型は最古の血液型と言われており、

原型は紀元前4万年頃のクロマニョン人。

彼らの主食は肉で、それを求めて移動することにより

世界中に散らばることになりました。

現在でも一番多い血液型で、免疫力も高く、

一番健康的な血液型と言えるかもしれません。

その1

消化器潰瘍
・胃潰瘍/十二指腸潰瘍

O型はA型よりも胃潰瘍:15%

十二指腸潰瘍:30%なりやすいという

研究結果があります。

 

■要因(1) ピロリ菌

このピロリ菌、A型のところでも登場していました。

A型で紹介したがん化させるピロリ菌は

東アジア型で、O型に多いのは

『十二指腸潰瘍などになるタイプの胃炎』

を引き起こすピロリ菌である『欧米型』になります。

 

■要因(2) 胃酸過多な体質

O型は体質的に、胃酸を多く分泌する

傾向にあり、これが潰瘍や胃壁の炎症を

引き起こす要因の1つと考えられています。

その2

コレラ

免疫力の高いO型ですが、

このコレラだけは最大の天敵として

意識しておいてください。

特に人口の90%がO型である

メキシコなどの中南米にはO型を好む

菌類が多数生息しており、旅行に行く際は、

予防接種のないコレラに充分ご注意ください。

その3

インフルエンザ(A2型)

インフルエンザの中でも

A2型がO型を好むことがわかっています。

なりにくい病気は?

・マラリア

アフリカ・中南米の原住民は圧倒的にO型が多く、

マラリアに強いO型が残り、その他の血液型は

淘汰されたためではないかと言われています。

・膵臓がん

B型のところで書いた研究結果に基づくと、

O型以外の血液型と比べて膵臓がんに

なりにくいということがわかっています。

・血栓が出来にくい

O型以外の血液型と比べて血栓が出来にくいそうです。

・一番長生きする

単純に免疫力の高さからくるものでは

ないかと考えられています。

AB型多い病気

AB型ルーツは『農耕民族』+『遊牧民族』

最も免疫力の低いAB型は、

『農耕民族(A型)』と『遊牧民族(B型)』

との混血から生まれた血液型。

その割合は全人類の5%以下。

その1

脳梗塞・肺塞栓

A型とB型の特徴を併せ持っているため、

それぞれで紹介した病気にかかりやすくなります。

その2

膵臓がん

これはB型の大きな特徴です。

その3

インフルエンザ(A1型)

B型も持ち合わせているため、

インフルエンザのA1型に感染しやすいです。

・なりにくい病気は?

世界的にみて非常に少ないAB型。

日本には人口の99.9%のAB型の方がいらっしゃいますが、

実はこれ、世界でもトップクラスの割合。

ところが日本人の研究者で血液型について

研究している方がとても少なく、

結局他国のデータもサンプルの少なさから

信憑性が低いので何とも言えないのが現状なのです。

以上、「 血液型別!かかりやすい病気の注意点 」でした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

血を正せば癌は治る【斎藤一人さんの漢方のお話】