今から57年前。1961年に海で発見された少女…生き延びた少女が語った真相が怖すぎる。。。。

びっくり, 衝撃, 話題

1961年に海で発見された少女

1961年11月、ヂュペラルト一家はブルーベル号で

バハマまで船旅に出かけました。

連れは妻のメアリーと長男のブライアン(14歳)、

長女のテリー(11歳)、

そして、次女のレニー(7歳)の4人です。

操縦者は元空軍中佐のハーヴェイ。

助手として妻のメアリーも搭乗していました。

残念ながらブルーベル号は11月8日に出港しますが

バハマに到着することはありませんでした。

11月13日、プエルトリコへと向かうタンカーの

搭乗員が海に浮かぶ救命ボートを見つけます。

確認すると男性が手を振っています。

操縦者のハーヴェイでした。

「助けてくれ!!」

救助されたハーヴェイは事のあらましをこう語りました。

「原因はわからないけど火の手があがったんだ

その勢いは凄まじくて妻や乗客を助ける余裕はなかった

自分一人が生き延びるので精一杯だった

ボートの上でヨットが沈むのを呆然と眺めていると

女の子(次女のレニー)が浮かんできた。

この子だけでも何とかしようと思ったんだが手遅れだった」

近くの港で海上保安員の尋問を受けましたが

ハーヴェイに怪しい点は見当たりません。

地元では有名な男であり、

故意に船を沈めたとも思えずハーヴェイは解放されます。

3日後、事態が急展開

事態が急展開したのはそれから3日後のこと。

11月16日、ヒューストンへと向かう貨物船の搭乗員が

海に漂うイカダを見つけました。

その上では少女がぐったりとしています。

長女のテリー(11歳)です。

ヘリコプターでマイアミの救急病院に運ばれたテリーは

一命は取り留めたものの衰弱が酷く、

話せる状態ではありません。

マイアミに戻ったハーヴェイは

テリーが救出された旨を知らされ

「oh my God!」

と告げたのです。

なぜ「oh my God!」なのでしょうか。

「oh my God!」はどちらかというと困った時に使う言葉です。

ハーヴェイはしまったと思ったのか

慌てて付け足します。

「Isn’t that wonderful!

(そりゃあ、とっても素晴らしいことだ!)」

喜んだのもつかの間、

翌朝、ハーヴェイは自殺してしまいます。

遺書にはこのように書かれていました。

「もう疲れた。これ以上耐えられない。」

テリーの語った真相

やがて回復したテリーが真相を語ります。

「私は兄ブライアンの悲鳴で目覚めると

隣の部屋で母と兄が倒れていました。

びっくりしてデッキに駆け上がろうとすると

ハーヴェイに突き落とされたの。

しばらくして私はヨットが沈んでいることに気づいたわ。

ハーヴェイは自分だけ救命ボートに乗って

逃げ出そうとしていたので

私はバレないようにイカダまで走り、

辛うじて生き延びれたんだ。」

全てがハーヴェイの仕業だとして

なぜこのような事をしたのでしょうか。

警察は妻のメアリーに多額の生命保険が

かけられていた事を突き止めます。

妻にかけられた保険金を目当てに

無関係な一家を巻き込んだのでしょうか。

その後の調査で分かった事ですが

ハーヴェイは再婚であり、

前妻も亡くなっているのですが

生命保険がかけられていました。

保険金を狙ったものなのかどうか

当人はもうこの世にいませんので真相はわかりません。

なお、この話を元にした本が

2010年に発売されました。

テリーは自身の回復の過程を描いた本も出版しています。

そして、悲劇によってダメージを

受けた人を救おうと活動しています。

インタビューでは

「50年経ってようやく他の人を

助けたいと思うほどに回復できました。」

と語っています。

ネットで反応

・お金は人生を狂わすということが良く解りました。

あと、辛い経験が人間を強くするということも…

・そんな、バハマ。

すいませんつい……

・大海原に一人で女の子が、考えただけで怖い台風が来ないで

良かったし大きな船に無事に見つけてもらって良かったです