6年間チェーンに繋がれ、半径1mの世界しか知らなかったビーグル犬 初めて広い世界を知り好奇心が止まらない!

悲しみ, 衝撃, 話題

ルーマニアにて。

動物保護シェルターで働く女性が、

とあるリサイクルショップを訪れたときのことです。

中古のストーブを購入しようと立ち寄ったそのお店で、

彼女の目にまず飛び込んできたのは、

古い車にチェーンで繋がれていたビーグル犬でした。

6歳のビーグル犬

動物保護シェルターで働くノリカさんの目に留まった

ビーグル犬の名前は「レディ」。6歳でした。
 
レディはもちろん商品ではなく、そこの飼い主さんの飼い犬です。

しかし、レディは古い車にチェーンで繋がれっぱなし。

かわいがられている様子には到底見えません。

ノリカさんはその様子を目にし、中古ストーブを買うのはやめ、

とある行動を起こしたのです。

飼い主との交渉

その行動とは「この状態からレディを救うこと」。

ノリカさんはレディを引き取るべく飼い主と連絡を取り、

交渉を始めたのです。
 
実際の飼い主はそのリサイクルショップ店頭の人とは

別で、海外にいるとのこと。

ノリカさんは何度も連絡をし、その度に断られ、

それでも諦めずに連絡を取り、そしてようやく

レディを引き取れることになったのです。

その日、レディは6年間の人生の中で初めて

チェーンを外されました。

レディはチェーンに繋がれたままで動ける

「たった半径1メートルの世界」しか知らなかったのです。
 
そしてリードを繋がれ歩き出したレディは新しい世界への

好奇心と興奮を止めることができませんでした。

見るもの全てが新しい

ノリカさんはもうちょっと早く家に帰るつもりでしたが、

帰宅は想像以上に遅くなりました。

というのも、レディが見るもの全てに興味を示したからです。
 
転がる石、植えられた木、見慣れない建造物。
 
家までの道のりの間、知らないもの全てに興味を持ち、

匂いを嗅ぐことをやめませんでした。

他の猫や犬などとも初めて出会うことができたといいます。

帰宅は遅くなりましたが、その時間はとても有意義なものでした。

新しい生活のスタート

その後、レディは一旦里親センターに預けられることになりました。

残念ながらノリカさんの動物保護シェルターはまだ規模が小さく、

レディの暮らすスペースを確保できなかったのです。
 
現在レディは里親センターで他の犬たちとも仲良く一緒に暮らしています。

最近食べ物への興味も示しているというレディは元気いっぱいなのだとか。

6年間も狭い世界で暮らしてきたレディにとって、

今は全てが輝かしく楽しい時間に違いありません。

そのきっかけを作ったノリカさんの行動力に拍手を送りたいですね!