パトカーが猛スピードでやってきて、警官に『今何買おうとしとったんじゃ!ゴルァ!』と恫喝された。 販売機でジュースを買おうとしただけなのに・・・

びっくり, ムカツク, 衝撃, 話題

俺が高校生の時に

ツレと2人でキャンプに

行こうってなった。

当時ブラックバス釣りに

ハマっていたので、釣り兼

キャンプって事で琵琶湖に行った。

当時まだ免許を持っていなかったので

電車で現地まで行く事に。

無事に現地に到着し釣りを楽しむぞーっと

テンション上がりまくって

釣り場を探して路肩を歩いていると

後ろからパトカーがいきなり

「お前ら!どこ歩いとんねん!」

俺達は歩道がなかったので

路肩を歩いていたが

ここまで威圧的に言われるとは

思わなくてびっくりしていたが

パトカーはそのまま通り過ぎて行った。

「あんな言い方せんでもええよなあ」

とツレと言いながら

少しテンション下がったが釣り場に

到着するとそんな事は忘れるぐらい

テンションMAXで釣りを楽しんだ。

暗くなってきたのでそろそろテントに戻って

飯でも食うかーとなり

戻って飯を食って喋り青春を謳歌する。

そろそろ寝るかという時間になっても

初めてのツレとのキャンプで

テンション上がりまくって寝れないので

ジュース買いがてら散歩にでも行くか

となって自販機を目指して歩く。

「昼間の警察腹立つよなー」

なんて話しながら歩き自販機に到着。

そこはジュースの自販機と一緒に

タバコの自販機もあり

当時はまだtaspoなどなく

誰でもタバコが買えた。

んで俺が自販機の前で

財布から小銭を出そうと思ったら

パトカーが接近。

特に気にせず金を出そうかとおもったら

キキィー!

と急ブレーキの音が聞こえたので

何事かと振り返ると

パトカーがUターンして

猛スピードでこっちに向かってきた。

俺らの前に逃げないように道を塞いで

パトカーを停めて勢いよく

警官がおりてきてこっちに向かってくるので

「俺何かしたのか?」

とビビってた。

するといきなり警官が俺の胸倉を掴み

自販機に背中を叩きつけて

「お前今何買おうと

しとったんじゃ!ゴルァ!」

「は?え?」

ぐらいしか言葉が出てこず

頭真っ白wwwんでツレが

「ジュース買おうとしただけです!」

って言ったら

「嘘つくなゴルァ!

お前らタバコ買おうとしとったやろ!

こっちは分かっとんねんどゴルァ!」

何この警官www

ガラ悪すぎるやろw893かよwww

何度も同じやり取りをするが

タバコなぞ持ってないし

買った証拠もないので

当然補導する事もできず

警官は更に苛立っている模様。

「お前ら紛らわしい真似すんなボケ!

ほんで夜にあんまりウロウロすんな!」

と捨て台詞を吐いて

パトカーに乗り込み去って行く警官。

確かに夜にウロウロしてた

俺達が悪いのかもしらんが

あの指導のやり方はおかしいでしょうよ。

たまたまかもしれんが

1日に2回も感じの悪い警官に遭遇したので

滋賀県警の事は今でも大嫌いです。

20年以上前の話なんで

今は違うかもしれんが

滋賀県警はクソだと思った。

コチラの警察もムカツクよね。。。。

ってか人間としてダメしょ。。。。

この記事が気にいったら、コメントしてね!!!