プールの授業を遅刻しそうになった!俺『更衣室だれもいないしゼンラで着替えよw』服を脱ぎ水着に着替えようとした瞬間、俺は固まった。なぜなら・・・

びっくり, 爆笑, 衝撃, 話題

去年の夏、プールの授業があった。

一時間目からあったのを忘れて

遅刻しそうになっていた俺は

教科書を置くために教室に走る。

クラスの奴等も

「おせーな、○○。早くしろよ」

「○○、一人になったからって

俺の肌着の匂い嗅ぐなよ?」

などと言ってくる。

とりあえず死ね。

で、教室で鞄を置き

プールセットを持って更衣室にダッシュ。

もうみんなはプールサイドで集まってる。

ヤバイ、急げっ。

トイレに駆け込む要領で

太ももに力を込めて全力で階段を下りろ。

階段を下り、廊下をマッハ0.02で駆け抜け

更衣室に到着。

ちなみに水着は学校指定の典型的なスクール水着。

女子も男子も。

もちろん更衣室には誰も居ない。

よし、めんどくさいから

タオルなんて使わないで

ハダカで着替えてしまえ。

上着に手を掛け、上半身ハダカになる。

次にベルトに手を掛けてズボンごと肌着を脱ぐ。

ついでに靴下も一緒に。

で、ハダカになったところで

さぁお着替えだ!!

そして我が身を包み込みたまえ!!

次の瞬間固まった。

間違えて姉のスクール水着を

持ってきてしまっていた。

なるほど、通りで妙にいつもより

体積が違うと思った。っていうか

そんなこと考えてる場合じゃない。

これじゃ授業受けられん!

今日は見学だ!!と思っていたところに

ものすんごく良いタイミング。

多分絶対お前一部始終見てただろと

言わんばかりにもう一人

遅刻してきていたヤツが来た。

ハダカで女物のスクール水着を持っている俺。

どう考えても、どう見ても怪しい。怪しすぎる。

俺は固まってる友人を見ながら

水着をテキパキとしまって服を着

更衣室から出て行きプールサイドに移動。

心臓をバクバクさせながら

俺のヤバい姿を見たヤツが

プールサイドに来ることを待っていた。

来た。ヤツが来た。

いつもはあんまり目立ってない

ヤツだが、その時に限って

噴煙を撒き散らしながら

猛スピードで襲ってくるミサイルに見えた。

俺に気づいたとき、途端に大爆発。

ぬぅぅぅぅ…これは避けきれない。

死ぬのを待つしかない。

俺の凄まじい形相に気づいたヤツは突然

「まかせとけ」と言わんばかりに親指を立てる。

その親指はどーゆーつもりだ。

俺を笑いものにさせる気か。

本気でジサツを考えた。

しかし、驚いたことにヤツは

全然話そうともしない。

そして何事も無かったかのように学校が終わった。

そいつに近寄り

「今日のこと…話さないでくれたのか?」

と言うと、ヤツはこう答えた。

「…お前、お姉ちゃんいるんだろ?

俺んとこにも妹がいてさ。

気持ちよくわかるんだよ。

前に俺も同じような目にあってな。

色々言われたよ。」

その瞬間そいつは神に見えた。

いや、神以上だ。超神だ。

そいつとは一度も一緒に

帰ったこと無かったんだが

その日は一緒に帰り、タイヤキを奢ってやった。

GJ神様。ちなみに姉ちゃんには爆笑され

「お前一度着てみろよ、

病み付きになるかもよ?」

などと言われた。死ね。

この記事が気にいったら、コメントしてね!!!

びっくり, 爆笑, 衝撃, 話題